News

MSCクルーズ 2018年の日本発着クルーズ 第二弾を発表

2017/10/06

[2017年10月6日] MSCクルーズは、MSCスプレンディダによる日本発着クルーズ2本目を2018年8月に実施することを決定し、2017年10月10日(火)より販売を開始いたします。
 
MSCクルーズジャパンは、設立10周年を迎える2018年に同社初となる日本発着クルーズを実施いたしますが、4月に発表、販売を開始した5月実施の「MSCスプレンディダ  日本の美を再発見する10日間」がすでに完売となったことをうけ、2本目の実施を発表しました。
 
この度2本目となる日本発着クルーズの実施を決定し、2017年10月10日より販売を開始いたします。また、8月10日~18日には弊社のパートナーである旅行会社によるチャータークルーズも予定しております。スタイリッシュなデザインとライフスタイルを、日本の皆様に体験いただける機会を提供します。
 
MSCクルーズジャパンの代表取締役社長、オリビエロ・モレリは、次のように述べました。
「当社初の日本発着クルーズが好評を博し、この度2018年2本目のクルーズ実施を発表できることを大変嬉しく思います。今回のクルーズ実現にあたり、当社客船の寄港にご尽力いただいた県や市、港湾関係者の皆様に御礼申し上げます。地中海、カリブ海でMSCクルーズを利用される日本人のお客様は年々増加しており、今年は地中海クルーズに乗船される日本人のお客様のうち、約60%のお客様が当社のクルーズをご利用いただく見込みです。日本発着クルーズの実施により、さらに気軽に、当社の近代的な客船でヨーロピアンスタイルのエレガントな休日をお楽しみいただけると確信しています。」
 
さらに、MSC ボヤジャーズクラブ会員特別特典として、2017年10月10日~12月31日までにご予約いただいた方に、 お一人様につき50ドルのオンボードクレジット(バルコニーキャビン以上をお申込みの方に限る)を提供いたします。ご予約と同時に会員登録をされた方も対象となります。
 
<商品概要>
MSCスプレンディダ 日本再発見! ねぶた祭りと北日本の魅力を探訪する9日間
日程:2018年8月2日(木)~8月10日(金)
航路:横浜~(終日航海)~室蘭(北海道)~青森(青森県)~(終日航海)~ウラジオストク~(終日航海)~仙台塩釜/石巻港区(宮城県)~横浜
代金:お一人様の料金(2名1室ご利用時) 127,000円~
*政府関係諸税、及び港湾税、ホテルサービスチャージ(船内チップ)は別途要。
 
2009年建造のMSCスプレンディダは、総トン数137,936トン、当社保有の最大級の客船で、客室数1,637室、うち76%がバルコニー付きキャビンで、最大乗客定員4,363名です。
同客船には、MSCクルーズ固有の「船の中の船」というラグジュアリーなコンセプトで創られた専用エリア「MSCヨットクラブ」があります。特別感とプライバシー確保を重視するお客様のために考案され、日本のお客様にも人気の高いサービスとなっています。MSCヨットクラブのお客様は優先乗下船、専用設備の利用に加え、24時間対応の専任バトラーコンシェルジュなど特別なサービスを受けられます。
 
MSCスプレンディダについては、以下の船内探検ビデオでご覧ください。
 
 
各寄港地の紹介:

横浜(神奈川)
横浜は、約160年前に開港して以来、日本の玄関口として積極的に外国の文化や情報を取り入れ、伝統と国際性が調和する都市として発展してきました。アイスクリームやビール、鉄道、写真など食から文化にいたるまで、日本初となるものが数多くあります。また、港の近くには、世界最大級の「中華街」や日本庭園の「三溪園」、開港当時に保税倉庫として使われていた「赤レンガ倉庫」や高さ300mの「横浜ランドマークタワー」など見どころが沢山あります。これらがごく近くに共存していることは、横浜独自の歴史・文化の表れの一つです。東洋と西洋、古いものと新しいものが融合している「横浜」をお楽しみください。
 
室蘭(北海道)
明治5年の開港以来、天然の良港として知られた室蘭は、鉄鋼などの「ものづくり」の街として発展し、鍛刀所やたたら製鉄など、随所にそのものづくりの精神が受け継がれています。臨海部にある工場群と東日本最大のつり橋である白鳥大橋とが織りなす「工場夜景」が注目を浴びているほか、地球が丸いことが実感できる地球岬に代表されるような断崖絶壁が連なる風光明媚な景勝地が見どころです。
 
青森(青森県)
青森市は、港まち・商いのまち・交通の要衝として発展してきたまちです。また、「ねぶた祭」「紅葉や樹氷が楽しめる八甲田」「浅虫温泉」「三内丸山遺跡」「棟方志功記念館」など、雄大な自然や多彩な歴史・文化が調和するまちです。中でも、毎年8月2日~7日に開催される「青森ねぶた祭」は、多くの観光客で賑わいます。ベイエリアには、「ねぶた」を1年中体感できる「ねぶたの家ワ・ラッセ」や「青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸」など、数多くの観光施設が隣接し、気軽に散策することができます。更に、青森市は食の街でもあり、「りんご」はもちろん、好みの刺身をどんぶりに載せる「のっけ丼」や、「生姜味噌おでん」「味噌カレー牛乳ラーメン」「煮干し・焼き干しラーメン」などお勧めの食があります。ここだけでしか体験できない魅力が満載ですので、ぜひ「青森市」をお楽しみください。皆様のお越しを心からお待ちしております。
 
ウラジオストク(ロシア)
ロシアの極東に位置するウラジオストクは、日本からも近く、ヨーロッパのような街並みを堪能できる港町で、近年人気が高まっている観光地です。鷲の巣展望台(鷹の巣展望台)から金角湾やウラジオストクの街を一望したり、ヨーロッパ調の建物と噴水が美しいアドミラーラ・フォーキナー通りの散策などをお楽しみいただけます。
 
仙台・石巻(宮城県)
みちのく宮城第二の都市、石巻市。石巻市は、北上川の河口に位置し、宮城県北東部地域を代表する風光明媚な都市です。伊達藩の統治下には、水運交通の拠点に位置する「奥州最大の米の集積港」として、全国的に知られた交易都市でした。市内には故・石ノ森章太郎先生の作品を展示するマンガミュージアム『石ノ森萬画館』や400年前に伊達政宗公の命を受け支倉常長ら一行を乗せローマへと出帆した『サン・ファン・バウティスタ(復元船)』を係留展示する『サン・ファン館』、「三年続けてお参りすれば一生お金に困ることはない」という言い伝えがある奥州三霊場『金華山』など見どころがいっぱいです。“金華ブランド”を中心に旬の食材を使った定番メニュー『金華丼』、四季折々の新鮮なネタが楽しめる『金華寿司』、地元民もこよなく愛するB級グルメ“2度蒸しの茶色い麺”が特徴の『石巻焼きそば』など美味しいメニューも盛りだくさんです。東日本大震災では甚大な被害を受けましたが、全国の皆様より“物心両面”にわたる温かいご支援をいただき、少しずつですが前進しております。石巻を体感し、楽しみ、そして満足していただき、「また来たい!」と思っていただけるよう、“おもてなしの心”でお待ちしております。
 
 
【MSCクルーズについて
MSCクルーズはヨーロッパ、地中海のみならず、南米、南アフリカのマーケットリーダーとしての地位を確立しています。年間を通じて地中海、カリブ海を航行、また季節により北欧、大西洋、キューバ、アンティル諸島、南米、南アフリカ、中国、アブダビ、ドバイ、オマーンに配船。MSCクルーズでは、地中海のエレガントな側面を体現し、世界の文化、美しさ、味覚の発見を通して、乗客にユニークで忘れられない感動を提供します。現在、最新鋭の客船を13隻所有しています―MSCメラビリア、MSCプレチオーサ、MSCディヴィーナ、MSCスプレンディダ、MSCファンタジア、MSCマニフィカ、MSCポエジア、MSCオーケストラ、MSCムジカ、MSCシンフォニア、MSCアルモニア、MSCオペラ、MSCリリカ。また、12月にはMSCシーサイドがカリブ海にて航行を開始する予定です。
 
本件に関する報道関係者のお問い合わせ先
 
株式会社MSCクルーズジャパン マーケティング部/担当 富岡
〒105-0001 東京都港区虎ノ門4丁目3番10号 虎ノ門きよしビル2F
電話03-5405-9401  FAX03-5405-9212   ウェブサイト(www.msccruises.jp)