News

MSCクルーズマイアミ港にて、MSCシーサイドの命名式を開催 -アンドレア・ボチェッリ基金、及びジョー・バスティアニッチとのパートナーシップを発表

2017/12/22

[2017年12月21日、マイアミ・フロリダ州] MSCクルーズは、21日夕刻、太陽とともに過ごす客船MSCシーサイドの華やかな式典を行い、当社全客船のゴッドマザー、国際的大女優ソフィア・ローレンにより、正式に命名されました。MSCクルーズは2017年から2026年までに12隻の新造船を導入する予定です。
 
MSCクルーズ会長、ピエルフランチェスコ・ヴァーゴは次のように述べました。「MSCシーサイドの命名は、当社にとって、また業界全体にとっても重要な瞬間を現すものです。2003年の業界参入以来、当社が開発した5番目の新プロトタイプで、業界に新基準を確立した革新的なコンセプトをもたらします。その独特でユニークなシーサイドクラスは、お客様が海を身近に感じられるよう設計されており、暖かい気候でのクルーズを楽しむことができます。MSC シーサイドは、当社のグローバル戦略の礎石となる北米において更なる成長を促進するもので、MSCメラビリア、MSCディヴィーナとともに、マイアミを母港とする3隻の客船のひとつで最新鋭の客船です。これは、ヨーロッパで第1位のクルーズブランドとして、また世界の他の主要クルーズ市場におけるリーダーとしての地位を確立し、さらに北米で重要なプレゼンスを確立するという私たちの望みを表すものです。」
 
また、MSCクルーズは本日、MSCシーサイドと北米市場に関連した2つの新たなパートナーシップを発表しました。一つ目はアンドレア・ボチェッリ基金(ABF)との提携で、MSCクルーズの乗客の寄付により、現在世界で最も貧しい国のひとつ、ハイチでの価値ある活動を支援します。乗客が船内で寄付した1ドルは直接財団に送られ、実質的な違いを生み出すために使われます。コミュニティセンターにもなる学校を設立し、モバイルクリニックや医療機関の援助や予防、清潔な水、照明、農業開発のためのプロジェクトを立ち上げ、地域社会の生活を変えていきます。
 
ヴァーゴは「MSCシーサイドはカリブ海で通年航行します。この提携により、当社の運航地域に何かをお返しするという約束を表明したいと考えています。家族経営の企業として、実際にハイチの子供たちを支援することに重点を置いています。彼らは未来であり、最高の価値があります。」と述べました。
 
命名式では世界的に有名なテノール歌手アンドレア・ボチェッリ(Andrea Bocelli)が、6歳から14歳までのハイチの学校の生徒たちの合唱団ボイス・オブ・ハイチ(Voices of Haiti)の30名の子供たちとともにステージに上りました。ボチェッリ氏は、「海は自由な場所です。そして魅力的な不思議や私たちの成長を助けとなる答えを見守る保護者です。 アーティストであるということは、探検家であることを意味します。 それゆえ、私の歌と“ボイス・オブ・ハイチ”という子供たちの合唱団の声や喜び、情熱をお届けできることを嬉しく思います。」と述べました。
アンドレア・ボチェッリ基金との協力により、このプロジェクトはハイチの5つのコミュニティで2,550人以上の子供たちにアプローチすることを目指しています。
 
 
二つ目のパートナーシップとして、受賞歴のあるレストラン経営者、作家、TVパーソナリティーのジョー・バスティアニッチ(Joe Bastianich)との提携を発表しました。ニューヨークのBabbo、Del Posto、ラスベガスのCarnevinoなど世界中で30軒のレストランを経営しています。バスティアニッチは、MSCクルーズが提携する有名シェフとレストランのラインアップに加わり、MSCシーサイドでエレガントナイトの特別メニューを提供します。
高品質でインターナショナルなお食事は、MSCクルーズの重要なハイライトの一つで、MSCシーサイドでは世界中のコンセプトを取り入れた6つのスペシャリティレストランでレベルアップを図ります。その一つがパンアジア料理のシェフで国際的な料理の先駆者ロイ・ヤマグチによる新しいダイニング体験、アジアンフュージョン料理「アジアン・マーケット・キッチン」です。
 
MSCシーサイド就航を祝し、マイアミ港で盛大な式典を開催し、伝統的な航海の慣習に敬意を表しました。 関係当局、旅行業界の主要パートナー、地元のゲスト、米国およびグローバルメディアが参加しました。命名式のエンターテインメントを飾るのは、グラミー賞やラテン・グラミー賞を受賞したリッキー・マーティンで、最も人気のあるヒット曲を演奏しました。世界中のファンに愛される彼の音楽は、MSCクルーズのグローバルな精神とマイアミの街を象徴しています。
また、ゲストにはマイアミ・ドルフィンズで17年間プレーしたマイアミのフットボールレジェンド、殿堂入りしたダン・マリーノ(Dan Marino)を迎えました。 今年初め、MSCクルーズはマイアミ・ドルフィンズとパートナーシップを締結し、チームの公式クルーズ会社となりました。マリーノはMSCクルーズUSAの社長ロベルト・フサロに、サイン入りのフットボールヘルメットを進呈し、そのヘルメットはパートナーシップの記念として船内に展示されます。
 
フィナーレは、MSCシーサイドの正式な命名に際し、船体にシャンパンボトルを打ちつけて割る伝統的な儀式です。 300年以上にわたる海洋実績を持つ会社として、これら航海の伝統を守り、新造船に幸運を祈ることは重要であり、今回も大女優ソフィア・ローレンがゴッドマザーを務めました。
 
夜のエンターテイメントは、俳優であり、アメリカで人気のTV司会者マリオ・ロペス(Mario Lopez)が登場、司会を務めました。そして、主役はもちろんMSCシーサイドです。洋上で他に類を見ない画期的なデザインのMSCシーサイドはマイアミのスカイラインに輝き、マイアミの建築と生活様式にインスパイアされて、暖かい南フロリダを母港とします。客船はデザインだけでなく、世界一流のエンターテイメント、国際的なダイニングコンセプト、豪華なスパ、家族向けの卓越した施設、プライベートヨットクラブ(MSCヨットクラブ)、広大な屋外スペースを備えています。MSCシーサイドは、北米だけでなく世界中のお客様が太陽とともに過ごす忘れられない旅行先として、MSCクルーズでの休暇が加わる理由のひとつになるでしょう。
MSCシーサイドは、2017年12月23日より、マイアミを出港してカリブ海諸島を巡る7泊8日の東カリブ海と西カリブ海のコースを通年運航します。
 
イベントの模様はこちら
 
MSCシーサイドについて、詳しくはこちらを覧ください。
 
 
MSCクルーズについて
MSCクルーズはヨーロッパ、および南米でマーケットリーダーとしての地位を確立しています。年間を通じて地中海、カリブ海を航行、また季節により北欧、大西洋、キューバ、アンティル諸島、南米、南アフリカ、アブダビ・ドバイ・インドに配船。
2014年にMSCクルーズは成長の第2段階である投資計画を発表し、メラビリアクラス2隻とシーサイドクラスを発注しました。そして、2016年2月にはメラビリア・プラスのオプション2隻の発注を確定し、供給量の増加を図りました。2016年4月には、次世代のLNG推進技術を搭載した4隻を建造する意向書の調印が発表され、投資額は90億ユーロに達します。2017年11月、当社は2021年に1隻のスロット予約契約を締結し、2023年に2隻目のシーサイドEVO船のスロットを確保し、総投資計画は総額100億ユーロに達しました。MSCクルーズは、このような期間と規模の投資計画を策定する世界初のクルーズラインブランドで、2017年から2020年までに6隻の新造船を納入する予定です。
MSCクルーズでは、地中海のエレガントな側面を体現し、世界の文化、美しさ、味覚の発見を通して、乗客にユニークで忘れられない感動を提供します。現在、14隻の最新鋭客船を保有しています―MSCシーサイド、MSCメラビリア、MSCプレチオーサ、MSCディヴィーナ、MSCスプレンディダ、MSCファンタジア、MSCマニフィカ、MSCポエジア、MSCオーケストラ、MSCムジカ、MSCシンフォニア、MSCアルモニア、MSCオペラ、MSCリリカ
MSCクルーズは高い品質管理と環境保護を認められ、ビューローベリタスより「7つの金真珠」賞を始めて受賞した企業です。また、2009年よりユニセフと永続的なパートナーシップを開始し、世界中の子供を支援するさまざまなプログラムを支援しています。これらの活動に賛同する乗客からの寄付により、これまでに700万ユーロ以上を支援しています。
 
アンドレア・ボチェッリ基金Andrea Bocelli Foundation(ABF)について
アンドレア・ボチェッリ基金は、マエストロ・アンドレア・ボチェッリと彼の家族によって「人々と地域社会に力を与える」という使命を持って設立されました。これに沿って、ABFは病気、貧困状態、社会的排除の結果として困難に直面している人々を支援し、国内外のプロジェクトを促進、支援し、自己表現と障壁を克服する手助けを行っています。基金はイタリアのフィレンツェに本部を置いていますが、2つの主要プログラムを通じて、さまざまな国で活動しています。開発途上国の人々を支援するプロジェクトを促進する障壁を取り除き、貧困、病気、人生の質を損なう複雑な社会問題の状況にある人々を支援すること、そして、彼らの障害や不快感によって課せられた限界に対処して、これを克服するための革新的な解決策を見つけるための最善の考え方を結集することを目指しています。詳細については、www.andreabocellifoundation.orgをご覧ください。
 

本件に関する報道関係者のお問い合わせ先

 

株式会社MSCクルーズジャパン マーケティング部/担当 富岡

105-0001 東京都港区虎ノ門4丁目310号 虎ノ門きよしビル2F

電話03-5405-9401  FAX03-5405-9212   ウェブサイト(www.msccruises.jp)