セントジョンズ

ネルソン提督のドックヤード
素晴らしいビーチ
ヒトデとウミガメ

カリブ海、キューバ、アンティル諸島へのクルーズを検索する

セントジョンズ

英国様式のカラフルな島

300年以上にわたり英国の植民地であったアンチグア島には、女王の臣下たちがもたらした熱帯のライフスタイルの雰囲気が今も残ります。
MSCのクルーズ客船は、アンチグア島の首都であるセントジョンズではなく、南岸のイングリッシュ・ハーバーに寄港します。ここは、島の歴史的中心地です。

ここには、改修された古い造船所であるネルソン提督のドックヤードと、ロイヤル・ネイビー地区があります。 4月から5月の初めにかけて、ここでアンティグア・セーリング・ウィークなど、世界で最も重要な帆船のレガッタが開催されます。 洗練されたレストラン「Inn at English Harbour」のテラス席の常連には、美味なロブスターとレッドスナッパー(フエダイ)が人気です。 島全体が、アンティル諸島でのバカンスの過ごし方の見本であるかのようです。

海岸沿いはビーチのオンパレードで、 島には1年の日数と同じだけのビーチ(島の住人の言葉による)、つまり365のビーチがあります。有名なビーチ、隠れたビーチ、火山の火口にあるビーチなど様々です。 人と触れ合うのが好きな方には、ディッケンソン・ベイランナウェイ・ビーチがおすすめです。 もう少し静かなビーチがお好みなら、ファイブ・アイランズ半島に向かいましょう。ここではディープ・ベイや、完璧な美しさの細長いリグヌムバイタ・ベイのビーチを満喫できます。

スキューバダイビングなら、南西岸のケイズ・ベイがおすすめです。ただし、4キロメートルの長さのバリアリーフ、ケイズ・リーフまで行ってください。 島の西岸の向かいにあるロング島では、前浜まで巨大なヒトデが現れます。個人が所有するこの島には、Jumby Bay Hotelというラグジュアリーホテルがあります。 また、この島のパスチュア・ベイには、毎年4月か5月にウミガメが産卵のためにやってきます。日没を楽しむ(あるいは島で有名なパーティを楽しむ)なら、シャーリー・ハイツがいいでしょう。ここからはイングリッシュ・ハーバーの美しい眺めが望めます。 30年以上にわたり、カリブ海クルーズの旅行者と地元の人々が楽しく交流するパーティスポットにもなっています。

Must see place in St Johns

Discover our excursions

条件に合う情報が見つかりませんでした。

    申し訳ございません。選択された寄港地の観光ツアー情報が見つかりませんでした。

アンチグア・バーブーダ

カリビアン精神
カリビアン精神

英国式のカリブ諸島がお好きなら、アンチグア・バーブーダでの休暇は外せません。 アンチグアの首都セントジョンズからは、海と塩水湖の間にあるランナウェイ・ビーチを訪れる価値があります。ここでは、島に生息する大型のペリカンが見られます。 北方に少し延びるディッキソン湾は、アンチグアで最も設備が整っています。

内陸地方へのエクスカーションでは、パレスの村を訪れます。ここからアンチグアで最も古いさとうきびプランテーション「ベティーズ・ホープ」や、湾内の水がサンゴ礁によって守られているロング・ベイに行くことができます。 アンチグアでは、海水によって形成されたデビルズ・ブリッジを見ることができます。

アンチグアの20海里北にあるバーブーダでは、この地域で最大の海鳥の生息地を見学できます。その後ろには、11マイル・ビーチと呼ばれる長いビーチがあります。 小アンティル諸島の歴史をひも解くと、この諸島の原住民であるアラワク族など、コロンビア以前の人々の足跡が見つかります。セントジョンのオールド・コート・ハウスでは手工芸品を見学できるほか、バーブーダのインディアン・ケーブにはアメリカインディアンの岩面彫刻が残っています。