オラニエスタッド

カラフルな古い住居
壮大な洞窟
カリブ海で最も美しいビーチ

カリブ海、キューバ、アンティル諸島へのクルーズを検索する

オラニエスタッド

スポーツとリラクゼーションの街

オラニエスタッドとは、オランダ語で「オレンジ色の街」を意味します。 MSCのカリブ海クルーズで寄港するアルバの首都は、1796年にフォート・ザットマンの周辺に建設されました。フォート・ザットマンは前哨基地であり、島に建てられた最初の建築物でした。 今日、免税の港のあるオラニエスタッドはアルバ訪問の基点となっています。 1866年に建設されたフォート・アンド・ウィレム3世タワーを見学したら、アルバ島内の探索に出かけましょう。リラックスしたい方にも、活動的な毎日を送っている方にも、十分に島を満喫していただけるでしょう。島の半分が未開の状態で残っており、自然好きな方にとっても見どころたっぷりで、刺激に満ちた冒険を求めている方にもお楽しみいただけます。

自然の岩でできた橋や、ベビービーチなど、驚くほど静かな波が打ち寄せる砂浜を訪れてみましょう。 また、アリコック国立公園へのエクスカーションもおすすめです。天井の裂け目から太陽が差し込むグアティリキリ洞窟や、アラワク族による壁画が今も残るフォンテイン洞窟、入り口がハート型をしていることから愛のトンネル(Tunnel of Love)とも呼ばれる細長いハリバ洞窟などを訪れることができます。  

スポーツ好きな方には、ゴルフ、マウンテンバイク、オフロードバイクなど、数多くの選択肢があります。さらには、「ランドヨット」によるランドセーリングまで楽しめます。とは言うものの、水上や水中で楽しめるアクティビティがいくつもある中で、陸でのセーリングを選ぶというのもおかしな話ですね。 その他にも、深海魚釣りやシュノーケリングを楽しんだり、この辺りの海中に沈む数々の遺物を探検しましょう。ドイツの貨物船アンティラ号のほか、オラニエスタッドの近くにある細長いルネッサンス島の付近で撃墜されたアルバ航空YS-11機などが沈んでいます。

あるいは、島の周囲にたくさんあるビーチに寝ころがって、太陽の下でリラックス。アメリカの新聞『USAトゥデイ』の言葉を信じて、カリブ海で最も美しいビーチをご覧になりたいなら、島の北西端にあるイーグル・ビーチに向かいましょう。 シュノーケリングと日光浴のどちらも楽しみたい方は、南東岸のスパニッシュ・ラグーンのすぐ南にあるマンジェル・ハルト・ビーチがおすすめです。

Must see places in Oranjestad

Discover our excursions

条件に合う情報が見つかりませんでした。

    申し訳ございません。選択された寄港地の観光ツアー情報が見つかりませんでした。

アルバ

温かく柔らかなビーチ
温かく柔らかなビーチ

クルーズ船がアルバに近づくと、背の高い枝付き燭台の形をしたkudushiというサボテンがまず最初に目に入ります。これが、このカリブ海の島に、カウボーイ映画で目にするアメリカ西部のような雰囲気を与えています。

長い葉っぱのような形をした島アルバベネズエラの沿岸から19海里の場所にあり、世界で最も魅力的なビーチがあります。 白い砂浜が8キロメートルにわたって延びるパーム・ビーチは『マイアミ・ヘラルド』紙によって世界で最も美しいビーチトップ10に選ばれました。

アルバでのバカンスはビーチだけでは終わりません。熱帯のラスベガスと呼ばれる、オラニエスタッドのカジノもお見逃しなく。 ウィンドサーフィンの愛好家は、カジノに向かう代わりに島の最東端のフィッシャーマンズ・ハット、あるいはマンチェボ・ビーチかボカ・グランデに向かうでしょう。 海辺で1日過ごしたら、セント・ニコラスにあるチャーリーズバーで1日の終わりを満喫しましょう。カリブ海でトップ10に入るこのバーの壁には、額や思い出の品々がぎっしりと飾られています。

ヤマノタの近くにあるアリコック国立公園の白い砂丘の真ん中では、注意深く見ていると、野生のヤギやロバ、イグアナが見つかります。アルバの砂漠クヌクには、国の木に指定されているディビディビがところどころに生えています。 ブシリバナとバラシの間では、19世紀の始めに鉱山が発見され、1世紀以上にわたって金が採掘されていました。金採掘者の街が荒廃した状態で残っており、哀愁を漂わせています。