ラ・ロマーナ

魅惑的なラグジュアリービーチリゾート
クエバ・デ・ラス・マラビージャス
植木鉢に植えられたヤシの木と雰囲気のよいカフェの並ぶ整然とした通り

カリブ海、キューバ、アンティル諸島へのクルーズを検索する

ラ・ロマーナ

川岸でくつろぐ一時

カリブ海とアンティル諸島でのMSCの寄港地観光。サントドミンゴの115キロメートル東にあるラ・ロマーナでは、通りを下ったところにある賑やかなバヤイベ・ビーチや、その近くにある美しいカサ・デ・カンポの複合施設を訪れることができます。
しかし、カリブ海でのバカンスの間に、ラ・ロマーナの街自体の魅力もお楽しみください。川沿いの雰囲気の良いレストラン、その近くにあるイスラ・カタリーナクエバ・デ・ラス・マラビージャスなど、見どころがたっぷりです。サントドミンゴから東海岸のビーチに向かう途中で立ち寄るのもいいでしょう。

ラ・ロマーナの中心市街は、整備された通りに植木鉢に植えられたヤシの木が並び、雰囲気の良いカフェ、バーやおいしい食事を楽しめる場所が数か所あります。のんびり散策するのにもぴったりです。 ただし、残念なことに、中心街からは川の景色はほとんど望めず、川岸にも簡単には近寄れません。

パーク・セントラルは、金属の彫刻と地元出身の元野球選手のグラスファイバーの像がところどころに置かれ、日陰が気持ちのいい大きな広場です。 街の西側の端のアブレウルペロンには、ロス・トロス・デル・エステのホームグラウンドであるエスタディオ・フランシスコ・ミッチェリがあります。ここで、ウィンターシーズンの出場選手を確認できます。 球場の西の市立市場では青果や肉が山積みにして売られています。小さなショップ、ボタニカスではドミニカブードゥー教に関連する様々な品物が売られています。

Must see places in La Romana

Discover our excursions

    申し訳ございません。選択された寄港地の観光ツアー情報が見つかりませんでした。

ドミニカ共和国

いつも太陽が輝く国
いつも太陽が輝く国

太陽をあがめる人々が世界中から集まるドミニカ共和国カリブ海諸国の中でも観光客が最も多く訪れる場所でありながら、まだまだ驚きの体験が得られる場所です。


ドミニカ共和国は多様な地理的特徴を持っています。主な山脈が5つあり、無限に続くかのような熱帯雨林やサボテンが広がる半砂漠、それに加えてカリブ海で最大の都市、最も高い山、最大の湖があることを、どれだけの人が知っているでしょうか? また、首都サント・ドミンゴが南北アメリカで最古の植民地であることを知っている外国人は、どれくらいいるでしょうか? スコットランドよりもずっと小さな国にしては、盛りだくさんの内容です。 ドミニカ共和国へのクルーズでは、その有名な海岸線へとご案内します。全長1,000キロメートルを超える、数百におよぶ美しい白浜のビーチ、166キロメートルに及ぶサンゴ礁、325平方キロメートルに広がるマングローブ。

熱帯雨林の他にも、巨大な松林があります。その多くはドミニカ共和国の数ある国立公園や自然保護区域の中にあります。 より温暖な地域には、芝生がきれいに刈り込まれたゴルフコースが25か所以上あるほか、世界最高のカイトサーフィンのスポットであるキャバレテ、北大西洋のザトウクジラの最大の繁殖地として知られるサマナ湾など、屋外アクティビティを楽しめる数多くの施設が整っており、ここでしか味わえないマリンスポーツを堪能できます。