ポアンタピートル

賑やかな市場
グアドループ国立公園 
サントロゼのラム酒博物館

カリブ海、キューバ、アンティル諸島へのクルーズを検索する

ポアンタピートル

島の音と香り

グアドループを訪れる旅行者にとって忘れられない思い出となるのは、ポアンタピートルの小さな市場に漂うアロマや音です。 例えば、サンタントワーヌ市場とも呼ばれる中央市場。これは、同じ名前を持つ街の中心の広場で開かれます。あるいは、サンペーター教会とサンポール教会の前のグルベイル広場で開かれるフラワーマーケットや、MSCクルーズ客船のすぐ目の前、カリブ海に面した場所で開かれるケルランド・ポート市場など、多くの市場があります。
ユネスコの生物圏保存地域に指定されているグアドループ国立公園も見どころたっぷりです。 バス・テールの南部にあるこの公園は、アンティル諸島で最も美しい樹木があります。そこへは、公園を2つに区切っているルート・ドゥ・ラビチュエから行くことができます。

その次はスフリエール火山とその近くのカルベの3つの滝を訪れましょう。 2番目の滝へのアクセスが一番簡単です。 高さ110メートルの滝を吊り橋から鑑賞することができます。 バス・テールの考古学遺跡に興味をお持ちなら、島の南部のトワ・リビエールにあるロッシュ・グラベ(掘削された岩)、または北部のプレシにある遺跡を訪れましょう。 あるいは、デジラード自然保護区域へのエクスカーションを楽しむのもいいでしょう。 グアドループを英国軍から守るために1650年に建設されたフォート・デルグレでは、フランス軍の遺構を目にすることができます。

MSCクルーズでは、ドメイン・ドゥ・ヴァロンブルーズ植物園を訪れることもできます。 海と山に挟まれたこの植物園には熱帯の植物や花々が一面に広がり、世界でこれに匹敵するものはごくわずかです。 島を代表する蒸留酒を十分に味わいたいなら、サントロゼにあるラム酒博物館は外せません。 ライモネンク蒸留所のなかにあり、ラム酒づくりの技術や秘訣を紹介しています。 さとうきびの刈り入れからラム酒になるまでの作業に使用される伝統的なツールが並び、さとうきびの古い切り株や物品、資料などを見学できます。

Must see places in Pointe a Pitre

Discover our excursions

    グアドループ

    緑に包まれた魅力的な湾
    緑に包まれた魅力的な湾

    フランス風のカリブ海を味わいたいなら、グアドループを訪れましょう。 カリブ海クルーズで到着する訪問客にとって、グアドループ諸島は驚きの連続です。 ターコイズ色の海はウォータースポーツを楽しむのに最高の環境です。 広大なレ・サント諸島のグランド・アンスは、世界で最も美しいビーチとみなされています。

    古い風車の跡がところどころに残る草原を横切って、ビーチへと向かいます。また、水が84メートル下の大西洋に落ちるポワント・ヴィジーなど、見事な光景を目にすることができます。 ルムールから25キロメートルの地点にあるポーダンフェールへのツアーでは、海によって形成され、岩や牧草地に囲まれた小さなラグーンを見ることができます。 ピンク色の砂のビーチ火山砂を見たいなら、バス・テールがおすすめです。手つかずの自然がお好みなら、葉巻たばこのような形をした島、デジラードに行くといいでしょう。

    マリー・ガラントも見逃せません。ここには最も美しいビーチがあります。 また、郷土料理もぜひお試しください。 カリブ海とアフリカの素材を使い、はるか遠い国のスパイスで味付けされています。 おすすめのメニューは、 デジラード・カシューナッツ・プリザーブ、グアドループ諸島に属するレ・サント諸島で作られるお菓子トルメン・ダムール(ココナッツのジャム、パイ生地、さとうきび、花、カスタード(オプション)、卵で作ったお菓子)、そして爽やかなココナッツのシャーベットです。