フォールドフランス

ヤシの木と穏やかな波 
バラタのサクレ・クール寺院
フランス軍の要塞とラム酒蒸留所

カリブ海、キューバ、アンティル諸島へのクルーズを検索する

フォールドフランス

非常に魅力的な海

フォールドフランスMSCクルーズ客船を下船して得られる様々な楽しみのなかでも、マルティニーク島にはすぐさまカリブ海で泳げるという利点があります。

マルティニーク島の主要な湾の内側を守る岬にあるトワジレアンス・ミタン・ビーチ、あるいは近くにあるアンス・ア・ラーヌまで歩けば海はすぐそこ。白い砂浜、日陰を作ってくれるヤシの木、背景には豊かな内陸の山々が広がり、カリブ海でのバカンスに理想的な場所です。

島の中心都市バラタから20分足らずの場所に、熱帯雨林の真ん中に作られた植物園があります。 3,000種以上の植物や花々が植えられており、遊歩道に沿って観賞できます。遊歩道の一部は宙に浮いています。 近くにはバラタのサクレ・クール寺院があります。これは、パリのモンマルトルにある寺院のミニチュア版です。

ここのピトン・デュ・カルベの坂からは、フォールドフランスの湾からポワント・デュ・ブーまで広がる美しい眺望が望めます。 バラタにある教会のなかでも、1895年に建築家アンリ・ピックによって建設されたサンルイ大聖堂は一見の価値があります。 教会は火災やハリケーンの風にも耐える構造でなければならないため、ローマビザンチン様式と57メートルの高さの塔は、教会の構造をシンプルに保つよう変更されています。

湾と港の最も美しい景色を眺めるには、フラマンズ・ベイの東端にあるフォート・サンルイへ行くことををおすすめします。この砦は1640年にフランス軍によって築かれ、第二次世界大戦まで使用されていました。 フランスの伝統を体験できる場所は他にもあります。島のラム酒蒸留所を訪れてみましょう。 ドゥパーズ蒸留所は、島の北東部のモンプレー火山のふもとの地所にドゥパーズ家が蒸留所を建てた1651年以来、この国民的アルコールを生産し続けています。

Must see place in Fort de France

Discover our excursions

条件に合う情報が見つかりませんでした。

    申し訳ございません。選択された寄港地の観光ツアー情報が見つかりませんでした。

マルティニーク島

色彩の爆発
色彩の爆発

おそらく、カリブ海クルーズの中でもっともカラフルな寄港地、マルティニーク。そのかがやくビーチは、まばゆい白から銀に近い黒まで変化を見せます。

その驚くほど多彩な風景を体験するには、 マルティニーク島で、レ・サリン、ベ・デ・ザングレ、ル・フランソワのビーチを訪れましょう。 島の南東、アンス・ノワールの近くでは、白いビーチの横に黒いビーチが広がる光景を目にすることさえできます。

海に背を向ければ、島の端から端まで様々な表情を見せている緑豊かな楽園が目に入ります。 北部には豊かな緑の山々が広がり、たくさんの小川とそれと同じぐらいたくさんの天然の滝がその中を横切っています。

島の中心にある30の遊歩道をたどれば、プレー山、ピトン・デュ・カルベ、カナル・ド・ボールギャール、トラス・デ・ジェズイットをはじめとする様々な場所を訪れることができます。 島を代表する飲み物、 ラム酒も忘れずにお試しを。島にある11か所の異なる蒸留所で生産されています。

ラム・ロード」沿いにある蒸留所では、さとうきびから作られるこの蒸留酒の特徴や特性、また、さとうきびの刈り入れに始まり、各工程でどのような選択をするかによって、この香り高い飲み物の味わいにどう影響するかを学ぶことができます。