コズメル

「ツバメの島」
深い森と風の吹き渡るビーチ
シカレ:ユカタンのテーマパーク

カリブ海、キューバ、アンティル諸島へのクルーズを検索する

コズメル

ツバメの国

プラヤ・デル・カルメンの向かい側にある長さ40キロメートルのコズメル島は、クルーズ客船の寄港地として有名です。ほぼ毎日、最大で10隻のクルーズ客船が、島の唯一の街サン・ミゲルの南にある、3つの専用ふ頭のいずれかに停泊しています。

メキシコへのMSCクルーズの旅でご案内するレストラン、お土産店、宝石店は、どれもサン・ミゲル地区の中心マレコン(ラファエル・メルガル通り)にあります。 


博物館がお好きなら、魅力あるコズメル島博物館で、島の動植物や海洋生物、マヤの工芸品や古い写真を見学しましょう。


ダイビングをされない方は、埠頭から離れてのんびりとしたサン・ミゲルの市街地を散策したり、深い森のなかでマヤの遺跡や鳥を見つけたり(マヤ人はこの島を「ツバメの島(cuzamil)」と呼んでいました)、風の吹きつける東岸のビーチを独り占めにしてのんびり過ごしたりするのもいいでしょう。 


島の中央には、コズメル島で発掘された唯一のマヤ遺跡サンヘルバシオがあります。 サクベと呼ばれる長く白い道でつながった小さな寺院がいくつもあるこの場所は、紀元1200年から1650年の間に栄えたチチェン・イッツァの崩壊を生き延びた多くの独立都市国家のひとつです。 大規模な自然保護区域の一部であるこの遺跡は、早朝または夜間には多くの鳥やチョウチョを目にすることができます。 


その他の見どころは、シカレという楽しいテーマパークです。ユカタンの見どころが一か所に集められており、博物館、熱帯水族館、「マヤ村」、ビーチ、本物の小さな遺跡、プールなどがあるほか、1キロメートルを超える地下の川を、泳いだり、シュノーケリングをしたり、流れに身を任せたりして、下ることもできます。 一方、その近くあるエクスプロールは、ジップラインやその他のアウトドアアクティビティに特化したテーマパークです。

Must see places in Cozumel

Discover our excursions

    メキシコ

    ソンブレロの日陰で
    ソンブレロの日陰で

    世界最大の文明のひとつメキシコは、メソアメリカ文化、近代の先住民とスペインの伝統が融合した、興味深い場所です。また、経済力もラテンアメリカでブラジルに次いで2番目の規模を誇ります。

    メキシコの風景は、バハ・カリフォルニアの輝く青色の海岸地帯、北部に象徴的なサボテンが散在する砂漠マヤの村々、カリブ海に面したヤシの木の生い茂るビーチなど、実に多彩です。 メキシコへのバカンスでは、火山に登ったり、クジラを観察したり、海で泳いだり、テキーラ農場を見学したりできます。

    そしてメキシコ各地で、美しい装飾をほどこされた植民地様式の教会、巨大な古代のピラミッド、ナチョスやブリートとはまったく違う洗練された料理に触れることができます。 米国からの避けがたい影響と他のスペイン語圏の国々との密接な結びつきにもかかわらず、メキシコは確固たる個性を保っています。 夕方になると広場に流れる音楽、その広場の周りに建つ建物、タコスを売るカートから漂う匂いまでが、間違いなくメキシコ特有のものです。

     初めて訪れる方は、メキシコが「発展途上」国とはかけ離れていることに驚きます。世界14位の堅調な経済力をもち、効率的で充実した国内輸送設備が整い、生き生きとした現代アートや音楽シーンが見られます。