サンファン

パステルカラーのファサードと花の咲き乱れるバルコニー
スペイン植民地時代の建築物
パセオ・デ・ラ・プリンセサ

カリブ海、キューバ、アンティル諸島へのクルーズを検索する

サンファン

シーフロント沿いの散歩

サンファンは世界有数のクルーズ客船の寄港地であり、レジャー用ボートのほとんどは旧市街の横にある港に停泊しています。

1970年代には、オールド・サンファン(Viejo San Juan)は在りし日をしのぶだけの姿で、スペイン植民地時代の遺構が荒れ果てたまま放置されていました。これらを建設した帝国の崩壊後の姿と何ら変わりはありませんでした。 しかし大々的な改修が行われ、現在、7ブロックの広場をもつこのエリアは、最も保存状態のよいスペインの植民地様式建築群のひとつと見なされ、世界遺産にも登録されています。


カリブ海でのバカンスを続ける前にサンファンで足を止めて、街を散策しましょう。その独特の狭い急な坂道には、元は船のバラストとして使用されていたアドキネスと呼ばれるつややかな虹色のレンガが敷き詰められています。また、明るいパステルカラーのファサードと花々が咲き乱れる錬鉄製のバルコニーをもつ特徴的な建物の中には、西半球で最も古いものもいくつかあります。


旧市街地は長さ4キロメートルの島の岬部分にあり、本島と橋でつながっています。ここには、数百年にわたって「新世界」の重要な港であったサンファン湾があります。 船の停泊地として恵まれた立地であることから、もともとプエルトリコ、すなわち「豊かな港」と呼ばれていました。


旧市街の散策は、賑やかな石畳のプロムナード、パセオ・デ・ラ・プリンセサから始めて、街の南側の城壁に沿って西に向かいましょう。 ここで見られるグレーと白の美しい新古典主義の建物は、ラ・プリンセサと呼ばれています。 これは1837年に刑務所として建てられたもので、現在はプエルトリコの主な政府関連施設に加え、プエルトリコの現代アーティストの作品が展示されるギャラリーが入っています。

ラ・ムラーラと呼ばれる城壁も見ごたえがあります。 19世紀後半までは、3,900メートルに及ぶ砂岩の城壁がサンファンの旧市街地全体を囲み、岬のエルモロ要塞まで続いていました。

Must see place in San Juan

Discover our excursions

    プエルトリコ

    自然に囲まれた現代的都市
    自然に囲まれた現代的都市

    プエルトリコカリブ海において重要な位置を占めています。アンティル諸島ベネズエラに向かって南に広がり、リーワード諸島とウィンドワード諸島に分散していく、その手前にある最後の重要な島です。

    プエルトリコでの休暇は、コモンウェルス(米国自治連邦区)という特殊なステータスを持つ国を体験する貴重な機会となります。このステータスのおかげで、プエルトリコは近隣の島々とは、実際の距離だけでなく経済力の点でも大きな距離を隔てた別世界となっています。 


    この地域ではめったに見られないほどレベルの高いインフラストラクチャと島固有の生活が融合したプエルトリコ。立派な高速道路が整備されており、旅行者はサンゴ礁から5つ星のレストランまで、あっという間に移動することができます。 

    米国の影響は、サンファンに最も顕著に現れています。ヨーロッパからの侵略者を500年以上にわたって食い止めてきたエルモロ要塞でさえ、ファストフード店や小売店のアメリカからの流入は防ぎきれませんでした。 しかし、首都の中心には明らかにラテン的な特徴が残っています。サンファンの旧市街地では、見事に改修された石畳の通りにパステルカラーのスペイン植民地様式の建築が建ち並ぶ光景が見られます。 


    プエルトリコへのクルーズでは、人で込みあう首都であっても汚れたビーチに出会うことはまずありません。また、主要都市を離れ、特にジャングルのような内陸の山地や南岸の比較的ひっそりとしたビーチ、あるいはオフショアの島々に足を延ばせば、自然がほぼ手つかずの状態で残っています。