クリストバル

サンロレンソ要塞
ガトゥン湖の水辺
ポートベロのターコイズ色の湾

カリブ海、キューバ、アンティル諸島へのクルーズを検索する

クリストバル

過去に思いをはせて

MSCクルーズが寄港するクリストバルは、コロンから少し離れたところにある港です。

街の南西には、ガトゥン閘門へと通じる道が走ります。この巨大な閘門では、海水面とガトゥン湖との間を行き来する超大型のコンテナ船を間近に見ることができます。


運河の反対側では道が2つに分かれています。右の道に入ると、深い森の中をくねくねと曲がる道が22キロメートル続き、リオ・チャグレスの河口にある植民地時代の遺構、サンロレンソ要塞にたどり着きます。左の道に入ると、ガトゥン湖の湖岸線の上に出て、美しい湖とそこに点在する木々に覆われた島々を一望することができます。さらに進むと、起伏のある農業地になり、めったに人の訪れることのない海岸地域、コスタ・アバホに着きます。


MSCのカリブ海とアンティル諸島へのクルーズでは、ポルトベロへのエクスカーションが用意されています。 景勝地にあるこの街は、植民地時代には、パナマシティに次いでパナマ地峡で最も重要な拠点でした。というのも、南アメリカからの略奪品のすべてはスペインに向かう途中でこの地点を通過したからです。 


要塞の廃墟は、コンキスタドール(侵略者)が海賊や私掠船から略奪品である宝物を守ろうとした証として、この街の主な観光名所となっています。 実際、兵士の目線になって要塞に残る錆ついたスペイン大砲から眺めるターコイズ色の湾の景色は、パナマで最も人気のある絵はがきの構図であり、深い森に囲まれた遠い国の前哨基地のイメージをよく伝えています。 


そのため、荒廃した住居が歴史的遺跡にもたれかかるようにして立ち、昔は練兵場だった場所で子供たちが遊んでいるような、現代風の貧民街の真ん中に要塞があることに驚くかもしれません。 街自体は、目抜き通りとカリブ海につながる湾との間の狭い土地に押し込められたようなかたちで形成されており、簡単に歩いて回れます。

Qué ver en Cristóbal

Discover our excursions

条件に合う情報が見つかりませんでした。

    申し訳ございません。選択された寄港地の観光ツアー情報が見つかりませんでした。

パナマ共和国

活力あふれる魅力的な国
活力あふれる魅力的な国

周囲を取り囲む雲霧林の高地、ヤシの木が生い茂る島々、生き生きとした先住民の文化、中央アメリカで最も活気あふれる首都。パナマへのバカンスでは、小さな国にしては驚くほど多彩な風景に出会えます。

この細長いヘビのような形の国は、ユニークな歴史を持っています。財宝をロバに積んで運んだ「スパニッシュ・カミノ・レアル」と呼ばれる古い街道や、世界で最も有名な運河を造るために切り開かれた湾など、パナマはカリブ海と太平洋をつなぐ近道として、長く存在感を示してきました。 


生物学的な交差地点でもあるため、この地峡はアマゾンよりも豊富な植物生物多様性が見られます。 

国土の小さいパナマでは、見どころの大半にアクセスしやすいことも利点です。 

パナマへのクルーズでは、古代と現代、人工物と自然が混在する様子を目のあたりにします。巨大なコンピュータ制御のパナマックスのコンテナ船が、蛍光色のカエルや野生の猫などが生息する原始林の中の運河を通過していきます。この原始林から丸木船でわずか30分ほどのところでは、エンベラ族が自給自足の農業を営んでいます。 


国の周辺地域や人のあまり訪れない内陸地方を訪れると、小さな町や友好的な村、人里離れたエコロッジを基点として、群島未開のジャングルを探検できます。パナマ最高峰のバルー火山からは、太陽が大西洋と太平洋の両方から登るという、非常に特別で圧倒される光景を目にすることができます。