バステール

美しい教会とジョージア様式の住宅
古い砂糖プランテーションと植物園
ネルソン博物館

カリブ海、キューバ、アンティル諸島へのクルーズを検索する

バステール

洗練されたテキスタイルと起伏に富む緑の丘

バステールは小さな街ですが、MSCクルーズ客船から下りてここに滞在するお客様は見どころに事欠きません。

中でも、バステールの2つの大聖堂、セントジョージス・アングリカン教会とイーストスクエア・ストリートにある無原罪聖母大聖堂は必見です。 


サウススクエア・ストリートでは、ジョージアン・ハウスを訪れることができます。これは比較的保存状態のよい18世紀の地元建築です。 


セントキッツ島のその他の興味深い見どころは、すべて市街地の外にあります。 オールド・ロードに向かう途中には、カリブ風バティックを生産しているロムニー・マナーがあり、手描きの布が生み出される様子を見学できます。


MSCのカリブ海クルーズは、ウィングフィールド・エステートの古い砂糖農園を訪れずには終われません。ここでは、農園の跡を眺めたり、ウィングフィールド川から水を運ぶために建設された、セントキッツ島に独特の構造を持つ複雑な水路を見学したりできます。 18世紀に建てられたグレート・ハウスとその植物園は、とても落ち着ける場所です。 溶岩で作られた別棟にあるキッチン、16人分の席が設けられた海を望むダイニングルーム、火山岩を暖房に使った浴室など、完璧に改修された建物をじっくり鑑賞してください。


これよりも小さいチャールズタウンは、バステールの姉妹島であるネビス島の首都です。 ここでは、セントポール教会セントトーマス教会が必見です。 どちらも、中心市街にある古いユダヤ人墓地と同様に、その起源は17世紀にさかのぼります。 島に着いたら、ネルソン博物館を訪れるのをお忘れなく。そこからセントジョーンズのフィグツリー教会へと向かうことができます。 墓石に囲まれたこの場所には、ホレーショ・ネルソン提督とネイビス人ファニー・ニズベットの結婚証明書が保管されています。 エクスカーションは2人が恋に落ちたモンペリエ・プランテーションのグレート・ハウスで終わります。

Must see places in Basseterre

Discover our excursions

    セントキッツ島/ネビス島

    貴族が好んだ島
    貴族が好んだ島

    セントキッツ島とネビス島へのクルーズでは、少なくとも200年にわたって高貴な観光客たちを迎え入れてきた2つの島をご紹介します。この2つの島は、19世紀から20世紀にかけてヨーロッパの貴族たちが好んで訪れた島です。

    セントキッツ島の北東岸のビーチは黒色の火山灰です。ディエップ・ベイでは、大堡礁で守られた静かな海で泳ぐことができます。岩礁であたためられた大西洋の波を感じたければ、ハーフ・ムーン・ベイに向かいましょう。

    北西部の海岸沿いにあるサンディ・ポイント村から古い火山の斜面を登ると、ブリムストーン・ヒル・フォートレス国立公園に着きます。 このユネスコ遺産からは、はるかセントマーティンやサン・バルテルミー島までの素晴らしい眺めを一望できます。
    同時に、18世紀から19世紀にかけて造られたこの多角形の要塞と、それを築いた英国人の粘り強さに感嘆することでしょう。全盛期には、グアダルーペのレサントの要塞と並んで「西インド諸島のジブラルタル」として知られていました。

    ネビス島では、ニズベット・プランテーションを訪れましょう。歴史のある邸宅で、現在は素晴らしいビーチとテーブルヤシの茂るホテルとなっています。 あるいは、17世紀に旧大陸からの貴族たちが利用したという瀟洒な温泉が残るバス・ハウス・ホテルで、優雅な時を過ごしましょう。