フィリップスバーグ

白い建物と楽しいショップ
オランダとフランスの要塞
木造住宅とラグジュアリーヨット

カリブ海、キューバ、アンティル諸島へのクルーズを検索する

フィリップスバーグ

17世紀の雰囲気

カリブ海へのクルーズでは、オランダ領の港フィリップスバーグで下船して、街の中心にあるコート・ハウス(現在は郵便局として使用されている1793年築の白と青の建物)を見学したら、島のフランス側を訪れるのもお忘れなく。

島の西岸にあるセント・マーチン島の首都マリゴは、シンプソン・ベイのラグーンに守られています。 ここは設立された当時の17世紀後半の雰囲気をいまだにとどめています。 木造住宅がぎっしり並ぶ中に素敵なショップが点在する、歴史的中心市街地を訪れてみるのもよいでしょう。


次は、ルイ16世の命により丘の上に建設されたフォート・サンルイを訪れましょう。 ここからは美しいマリゴ・ベイと豪華なヨットが停泊する美しいヨットクラブの眺望が得られます。


しかし、ピック・デュ・パラディでは、さらに見事な眺望が得られます。ここからは、アンギラ、サバ、シント・ユースタティウス、サンバルテルミーまで一望できます。 この辺りの海の美しさは格別です。フィリップスバーグの正面に位置し、1.5キロメートルにわたって砂浜が続く三日月状のグレート・ベイ・ビーチなど、シント・マールテンのビーチをお見逃しなく。 歴史遺産フォート・アムステルダム(1620年に建設されたオランダの要塞で美しい歴史的な品物が展示されています)を越えて進むと、リトル・ベイ・ビーチに着きます。 ここからケイ・ベイの基点に行くことができます。美しい海底が横たわり、シュノーケリングにもってこいです。


サーファーやゴルファーは、首都から西に向かいましょう。 サーファーはマレット・ベイの海へ、ゴルファーはその背後に広がるゴルフコースへ。 もう少し行くと、崖の基盤を掘って作られた小さな浜辺、キュープコイがあります。 さらに進むと、島の西端で、フランス領のテールバスに入ります。 セント・マーチン島の最大のビーチ、ベ・ロングはそこからすぐ近くです。

Must see places in Philipsburg

Discover our excursions

    セント・マーチン島

    アイボリー色のビーチとターコイズ色の海
    アイボリー色のビーチとターコイズ色の海

    1つの島、2つのアイデンティティ。 島の南側のシント・マールテンはオランダ領、島の北側のサン・マルタンはフランス領です。

    セント・マーチン島へのクルーズでは、空港からわずか数キロメートルの距離にあるオランダ領の首都フィリップスバーグで下船します。 

    美しいマホ・ビーチは、滑走路が終わる場所にあり、ビーチの上を低空で飛行する飛行機を眺めることができます。何とも豪快な光景です! 


    その東側にはシンプソン・ベイが広がります。ここでは2つの選択肢があります。ひとつは、アイル・デ・ソルのヨットクラブのバーでの朝食。ここには、カリブ海を航海する非常に興味深い大型ヨットが停泊しています。もうひとつは、ヤシの木、白浜、ターコイズ色の海を眺めることができるキムシャのビーチです。その他のカリブ海の典型的なビーチをお探しなら、ベイ・ルージュ、プラム・ベイ、ロング・ベイ、マレット・ベイがおすすめです。 


    フランス領側では、ティンタマール島に面するオリエント・ベイのオリエント・ビーチが有名です。おそらくカリブ海で最も有名なヌーディストビーチで、最も人気のあるナチュラリストビーチでもあります。 

    セント・マーチン島はショッピングでも有名です。首都のマリゴでは毎日フランス市場が立ち、海岸沿いにはスパイス、果物、野菜、ラム酒、地元の手工芸品を売る店が100店以上も並びます。