バーレーン

近代的な高層ビルと古代建築
趣のあるアル・ファティフ・モスク 
バーレーン要塞

ドバイ、アブダビ、シルバニヤス島クルーズ一覧はこちら

バーレーン

二つの海を持つ王国

ドバイ、アブダビ&シルバニヤス島へと向かうMSCクルーズでは、全長40キロ、幅わずか15キロの王国バーレーンも訪れます。 


千年もの歴史を持つこの国は、その海が南がカタール、西がサウジアラビアと接しているため、「2つ海を持つ王国」とも呼ばれています。 バーレンで停泊中には、魅力的な首都マナマを訪れる寄港地観光をお楽しみいただけます。

近代的な高層ビルと古い建物が隣り合って建つこの街は、遊牧民時代の伝統が強く根付いています。住民はたびたび砂漠へと赴き、大きな白いテントで過ごしながら、古代からの伝統である鷹狩りに参加します。 この地域の歴史と習慣を学ぶために、この首都にある国立博物館を訪れてみましょう。 アル・ファテフ・モスクを訪れることは神秘的な経験となります。 7,000人の信者を収容することができる、2つの壮大なミナレットを持つ巨大で神聖な建物は世界各地の素材を使って建てられています。

例えば、象眼細工を施した木を使った数千ものインド製ランプ、スワロフスキークリスタルを使った巨大なオーストリア風のシャンデリア、そしてイタリアのカララ大理石などです。 首都のすぐ近くには、バーレーン要塞があります。 修復された部分もありますが、保存状態の良いこの要塞の形状は、16世紀のポルトガル船員による「襲撃」の証拠です。 しかし、この砦が建つ丘には、数世紀に渡り数名の入植者しかいませんでした。 バーレーンを離れる前には、この海で集めた美しく、そして貴重な真珠を購入するか、せめて一目見て見ることをお忘れなく。 

Must see places in Bahrain

Discover our excursions

    Kingdom of Bahrain

    真珠の島
    真珠の島

    バーレーンクルーズは、サウジアラビアとカタールの間に位置する、大きな島を訪れます。


    隣国と同様、 バーレーン の国土の広い地域、特に南部は砂漠であり、一方の北部には、この王国の首都である マナーマなどの主要都市があります。

    ユネスコの世界遺産に登録されている、かつてバーレーンの南岸を守っていた古代のバーレーン要塞の古い壁とは対照的に、西に数キロの位置にある現在マナーマとして知られる都市には、最も近代的な高層ビルが立ち並んでいます。

    石油の収入によりこの国が享受している繁栄は、壮大な不動産開発につながっています。例えば、バーレーン世界貿易センター のツインタワーは高さが240メートルあり、3機の風力発電装置が備えられています。 バーレーンクルーズで訪れる観光スポットには、 フォーミュラ1 のサーキットがあります。この場所は2004年以降の世界選手権で最もエキサイティングなレース開催地となっています。サーキットから歩いてすぐのところにあるアルアリーン野生動物公園では、中東固有の動物を見ることができます。また、国の南東端に位置する現在開発中の住宅プロジェクト、ドゥラット・アル・バーレーンは、15の人工島(三日月のような形の6つの巨大な環礁、5つの島は花弁の形)から成っています。