ハサブ

アラブ首長国連邦の飛び地オマーンの先端

アラビアのフィヨルド/ノルウェー

ポルトガルの文化遺産

ドバイ、アブダビ、シルバニヤス島のクルーズ一覧はこちら

ハサブ

アラビアのノルウェー

ハサブアラブ首長国連邦のトップと呼ぶのは、この街が首長国の中でも最「北」に位置しているという言葉遊びですが、スルタンの領土の最北端にあるオマーンの港の魅力を表してもいます。 MSCクルーズのドバイ、アブダビ&シルバニヤス島クルーズでは、ハサブが、アラビア海とインド洋を隔てているホルムズ海峡を守っていることがわかります。


MSCクルーズでは、石灰岩が削られてできた長い入江であるフィヨルドの中でも最も長く有名なものがあるムサンダムへと進みます。垂直にそびえる崖に挟まれた美しい青い海には、イルカなど実に豊富な海洋生物が生息しています。

 

この土地を探索するための一番魅力的な方法は、アラビア半島で使われていたダウ船に乗ることです。今は、三角帆の代わりにエンジンで動くものもあります。 オマーン滞在中には、寄港地観光 でテレグラフ島を訪れてみましょう。ここは19世紀半ばにイギリス人がボンベイやバーレーンにつながる電報の中継所を建てた場所です。

ハサブは、17世紀初頭にポルトガル人がこの地域で最高の天然の良港に作った街で、数々の興味ある寄港地観光を楽しむことができます。 最も目を引くのが、ハサブ要塞です。
今は海から遠く離れた場所となっていますが、軍事用の建築物に見られるような、ムサンダム半島の伝統的な装飾が施された、この地域の典型的な船が置かれ、当時の様子が伺えます。

 
ブハーでは、ポルトガルに支配されていた時代に建てられた2つの美しい砦を見ることができます。当時の姿を完全に残しているブハーの砦は、丸みのある鋸壁が途切れることなく連なり、アルカラ砦は、剥き出しの石組みが特徴的です。

Must see places in Khasab

Discover our excursions

    オマーン

    千夜一夜物語の世界
    千夜一夜物語の世界

    海と砂漠、印象的な山々に囲まれ、千年の長い歴史を受け継ぐオマーンに心はときめきます。



    最も人気のある観光地、果てしなく広がるワヒバ砂漠は、オマーン、アラブ首長国連邦クルーズでも見逃せません。 ニズワからスールへと向かう途中で、銅色の砂丘と素晴らしい風景の中を続く砂の轍を辿り砂漠へと入っていきます。

     

    オマーンの旅で本当の冒険をしてみたいという方には、2つのワディへの寄港地観光がお勧めです。ワディとは、周期的な川の激流により土地が深く削られ、その後乾燥した川底が残された渓谷です。 4WDトラックに乗り込み、ハジャル山脈の最も高い峰を越え、めまいがするほど深い渓谷に沿ったスリリングな道を辿り、ワディ・バニ・アウフへと向かいます。 トレッキングがお好きなら、ワディ・シャーブはいかがでしょう。 たくさんの砦が、オマーンの戦乱に満ちた過去を物語ります。 ニズワの砦は、中心部に巨大な円形の塔が建つ非常に特徴的なものです。

     

    直径45メートルの砦は、17世紀のスルタン、ビン・サイフ・アル・ヤルビにより街を守るために作られました。 また、ジャブリン城はオマーンで最も保存状態が良く印象的な城塞です。 バフラから5キロほどの砂漠のヤシの木立の中にそびえ立つ、砂で作られたかのようなこの建物の歴史は16世紀にまでさかのぼります。