サラーラ

シバの女王の足跡
アラビア海の花嫁
緑溢れる街

ドバイ、アブダビ、シルバニヤス島クルーズ一覧はこちら

サラーラ

砂漠を征服する自然

MSCクルーズのドバイ、アブダビ&シルバニヤス島クルーズで見逃せない寄港地のひとつが、オマーンの首都マスカットです。この国は、カーブース・ビン・サイード現国王が父である王に対しクーデタを起こすまでは、マスカット・オマーン土侯国と呼ばれていました。 
 
サラーラはオマーン南西部にあるドファール地域の主要都市です。 雨季のモンスーンの雨が潤す緑豊かな都市環境の中で、ヤシの木やボスウェリア・サクラの木を見かけます。ボスウェリア・サクラからは、古代のエジプト人以来珍重されている最も上質な香が作られます。 
 
客船を降り、サラーラを訪れるとすぐにその歴史的、芸術的豊かさに驚かされることになります。 サラーラから少し離れた場所に、ホール ルーリ の古代都市サムフラムの遺跡があります。この地への寄港地観光では、シバの女王の夏の宮殿を訪れることができます。 
 
現在ユネスコの世界遺産として保護されているオマーンの多くの遺跡の一つですが、かつては香を輸出する主要な港の一つでした。 この地域には、他にもアル=バリード遺跡、シスル/ウバールの遺跡と壁画 、サラーラの北25kmほどの場所にあるナジド地域のワディ ダウカ などユネスコ世界遺産に登録されている遺跡が数多くあります。 
 
オマーンの考古学的遺産と、豊かな生き物、特にこの土地を飛び回り巣を作る鳥類の種類の豊富さが相まり、サラーラは「アラビア海の花嫁」の名を得ています。 この地域の最も魅力的な城の一つを見るには、タカへの 寄港地観光を選びましょう。サラーラから33kmの場所にあるのが、19世紀の族長アリ・ビン・タマン・アル・マシャーニが建てた邸宅です。現在はオマーン文化の博物館になっています。

Must see places in Salalah

Discover our excursions

    オマーン

    千夜一夜物語の世界
    千夜一夜物語の世界

    海と砂漠、印象的な山々に囲まれ、千年の長い歴史を受け継ぐオマーンに心はときめきます。



    最も人気のある観光地、果てしなく広がるワヒバ砂漠は、オマーン、アラブ首長国連邦クルーズでも見逃せません。 ニズワからスールへと向かう途中で、銅色の砂丘と素晴らしい風景の中を続く砂の轍を辿り砂漠へと入っていきます。

     

    オマーンの旅で本当の冒険をしてみたいという方には、2つのワディへの寄港地観光がお勧めです。ワディとは、周期的な川の激流により土地が深く削られ、その後乾燥した川底が残された渓谷です。 4WDトラックに乗り込み、ハジャル山脈の最も高い峰を越え、めまいがするほど深い渓谷に沿ったスリリングな道を辿り、ワディ・バニ・アウフへと向かいます。 トレッキングがお好きなら、ワディ・シャーブはいかがでしょう。 たくさんの砦が、オマーンの戦乱に満ちた過去を物語ります。 ニズワの砦は、中心部に巨大な円形の塔が建つ非常に特徴的なものです。

     

    直径45メートルの砦は、17世紀のスルタン、ビン・サイフ・アル・ヤルビにより街を守るために作られました。 また、ジャブリン城はオマーンで最も保存状態が良く印象的な城塞です。 バフラから5キロほどの砂漠のヤシの木立の中にそびえ立つ、砂で作られたかのようなこの建物の歴史は16世紀にまでさかのぼります。