シドニー

南岸と中心部
シドニーの象徴オペラハウス
シドニー・ハーバーブリッジ

MSCグランド・ボヤージュ・クルーズを検索

シドニー

さまざまな文化が集まる街

MSCグランド・ボヤージュ・クルーズ客船からシドニーの街へと上陸すると、ポート・ジャクソン湾によって2つに分けられたこの街がハーバー・ブリッジとハーバー・トンネルでつながっていることに気づくことでしょう
 
この街の中心地サウス・ショアには見るべきこと、すべきことが山ほどあります。 シドニーのクラシックなイメージの多くはサーキュラー・キーの眺めによるものです。シドニー・コーブのにぎやかなウォーターフロントはシドニー探索をスタートさせるにふさわしい楽しい場所です。ここにはシドニー・オペラハウス、そしてロイヤル植物園シドニー・コーブの東側に、西側には歴史的な街ザ・ロックスがあります。

対照的に、より近代的なダーリングハーバーは市中心の西端にあり、再開発により観光とエンターテイメントの街へと生まれ変わった場所です。 MSCグランドボヤージュクルーズの寄港地観光で、シドニーの象徴、オペラハウスを訪れましょう。サーキュラーキーから徒歩ですぐ近くのベネロング・ポイントにあります。 よく知られた高く白い屋根が、風を受け膨らんだ帆や重ねた貝殻を思わせ、建物全体に独特の雰囲気を与えています。

「オペラハウス」という名が付いていますが、実際にはパフォーミング・アート・センターです。世界でも最も公演の多い場所の一つとなる貝殻型の建物の中には5つのパフォーマンス会場がある他、レストラン、カフェやバー、高級な土産物店などが低層階にあります。 もうひとつ見逃せないMSCクルーズ寄港地観光は、こちらも象徴的なシドニー・ハーバー・ブリッジです。 サーキュラー・キーの北東にかかるこの橋は1932年に開通し、シドニーを南北に分けるポート・ジャクソン湾をまたいでいます。サーキュラー・キーからの眺めは、この橋のおかげでさらに見事なものになりました。

建築時には、アーチ橋として世界最大を誇ったこの橋の建設費は1988年にようやく回収されました。

Must see places in Sydney

Discover our excursions

    オーストラリア

    コントラストの大地
    コントラストの大地

    オーストラリアへのクルーズは他のどの先進国よりも想像力を刺激します。 ほとんどの旅行者にとってオーストラリアとは、のんびりとした暮らしと終わらない夏、広大な大地での冒険、ジョークとビールが溢れる国、為せば成るの精神とフレンドリーな国民性でしょう。 オーストラリア人が自分たちの国をラッキーカントリーと呼ぶのも不思議はありません。

    国土の大部分を占める中央、西オーストラリアには、見るものを圧倒する乾いて真っ平らな、古代から少しも変わらない風景が広がっています。 それとは対照的に、19世紀半ばに作られたばかりのこの国の街は、喧騒と若いエネルギーで湧き上がっています。

    オーストラリアの休日は、その象徴的な風景アウトバックの広大で伝説的な砂漠を見ずには終われません。この砂漠はグレートデヴァイディング山脈の西側からこの国の内陸部へと広がっています。 鮮やかな青い空、シナモンのような赤土乾ききった峡谷という地質的な特徴は、この土地のユニーク野生動物と同じくらい風変りなものです。 この内陸部の厳しい環境から、現代オーストラリアは海岸国家とならざるを得ませんでした。 人口のほとんどがクイーンズランド南部から南東のアデレードへと伸びるアーチ状の地域の海から20キロ以内の場所で生活しています。