ミンデロ

火山が作った入り江

忘れることのない光景

ベレンの塔のレプリカ

MSCグランドボヤージュ一覧はこちら

ミンデロ

A dip in the 19th century

19世紀に浸る MSCクルーズでカーボベルデに訪れると、サン・ビセンテ島の起源が火山であることがすぐにわかります。



サン・ビセンテの首都の港ミンデロも、この島で最もわかりやすいカルデラの跡にあります。 この街は、大西洋を横断航海をする船の給油地になった、19世紀後半に設立されました。 ミンデロの街は、今でも当時とほとんど変わりません。

 

MSCクルーズ客船を降りると、地元の職人達が作る典型的な工芸品を売る店があります。 織物に目を奪われがちですが、陶器、ココナッツで作った置物、カーボベルデの貝殻や溶岩で作ったジュエリーも捨てがたいものです。 店、ギャラリー、小さなカフェは、いたる場所にあります。 港を離れる前から、19世紀に遡る過去を感じさせるフォルチン・ド・レイなどの素晴らしい眺めを楽しむことができます。

 

旧商用岸壁の向こうには、現在では文化センターになっている古い税関、アルファンテガがあります。そしてその先には、魚市場の移転後に再建されたリスボンのベレンの塔のレプリカがあります。 ここから、ポルトガルからの独立以前はリスボン通りと呼ばれていたアフリカの自由通りを進むと、元は総督の邸宅であった人民宮殿(Palacio do Povo)に到着します。 市庁舎やノッサセニョーラ・ダ・ルス教会を過ぎると上り坂になる通りを歩いていくと、ポルトガル建築で典型的な装飾タイル、アズレージョで知られるエストレラ広場があります。 ビーチは、港にも近くミンデロの人々にも人気のあるラジニャを始め数えきれないほどあります。 その中でも、 素晴らしい景色の中にある大きな自然のプール、バイア・デ・ガタス(猫の湾)は訪れておきたいビーチです。

Must see places in Mindelo

Discover our excursions

    カーポベルデ

    海の真ん中のサハラ砂漠
    海の真ん中のサハラ砂漠

    美しいカーボベルデ諸島は、アフリカ沖合の大西洋の火山を起源とする10の島からなります。 島の広大な砂浜は「海の真ん中にあるサハラ砂漠の一部」と呼ばれています。

     

    カーボベルデでのバケーションでは、標高2,829メートルのピコ・ド・フォゴ山のように島々と豊かな谷の上にそびえる険しい山を目にすることになります。 植民地であったこの島国の2つの主な街は、活気ある都市の中心地となっています。 ひとつは、バルロヴェント諸島の北西にある(バルロヴェントは風上の意味。航海士にとって貿易風の風上にあたるということ。

     

    )サン・ヴィセンテ島のミンデロで、もう1つはソタヴェント諸島(ソタヴェントは風下)のサンティアゴ島南端の首都の街プライアです。 ミンデロでは、現地のクレオール文化と音楽への情熱を体験できます。また、ここは有名な歌手セザリア・エヴォラが生まれた土地でもあります。 多くの魅力的な場所がありながら、まだ多くの人が注目する観光地にはなっていないため、カーボベルデの島々はのんびりとした楽園の姿を残しています(「ストレスなし」がこの地域の特徴です)。

     

    そのおかげで、自然で自らを顧みない優しさと、常に湛える笑顔を意味するmorabezaという言葉が表す現地の人たちと同じ心持ちで美しい風景を楽しむことができます。