ペナン

魅力的な植民地都市
バトゥ・フェリンギ・ビーチ
ショップハウスに独特な寺院

MSCグランドボヤージュを検索

ペナン

変化に富んだ歴史

マレー半島のはるか北西に位置するペナンは、マレーシアでも一番曖昧に名付けられた地名です。場合により、島の俗称(マレー語でプラウ・ピナン、ピナンは檳榔樹を意味)、あるいは州名(島および本土反対側の一塊、バターワースの町の周辺)、さらには州都ジョージタウンのみを指すこともあります。そのペナンは、MSCグランドボヤージュの寄港地観光で皆様が訪れるのを待っています。


この地は18 世紀終わりにイギリス人が最初のマレー港を設立した場所であり、今日のジョージタウンの基盤として植民地の住民、インド、マレー 、中でも中国やプラナカンの伝統 が溶け合った魅力があります。MSCグランドボヤージュの寄港地観光では、セントラル・オールド・クォーター 以来のルネサンスをマラッカと同時に経験したこの都市を訪れます。2つの都市は2008年にユネスコ世界遺産 に合わせて登録され、ペナンのすべてを目にする出発地としても最適な場所です。広さ285平方キロメートルの島は国立海岸公園に指定され、巣を作る亀や独特な2つの寺院、そしてバトゥ・フェリンギの少々開発が進みすぎたビーチが見渡せます。


島の北東角の三角形の岬を占めているのがジョージタウンの中心部です。歴史的な中心部は基本的に Lebuh Farquhar、Lebuh Cinta(Love Lane)そして Lebuh Melayu の南と東の地域になります。バラエティに富んだ店舗がずらりと並びながらも調和が取れた迷路のような通りには、宗教建築、印象的な民族協会や組織 (中国の福祉団体、社交クラブ、寺院やその他の記念碑の混合)の建物などが入り混じっています。1884年設立のジョージタウン植物園は広大な芝生、小川、ジャングルにあるような小さな滝、そしていくつかの温室が自慢です。週末の朝には周囲のトレイルで30 分ほどのエクササイズをする中国人グループでいっぱいになります。

Must see places in Penang

Discover our excursions

    マレーシア

    過去と未来に漂う街
    過去と未来に漂う街

    マレーシアには、MSCグランド・ボヤージュのすべてのお客様にお勧めできるものが揃っています。首都のおしゃれなバーやクラブから、植民地時代の面影を残す街の歴史的建造物、特色あるさまざまな地域、世界で最も古い熱帯雨林でのトレッキングと野生動物ウォッチング、そして多くの島にある白い砂浜から世界的に有名なダイビングスポットでのダイビングまで、ないものはありません。

    マレーシアクルーズでは、昔ながらの村や多様な宗教の中にも見られる豊かな文化的遺産が持つ多くの魅力と美に出会うことができます。

    イスラム文化が中心ではありますが、マレー系、中国系、インド系、ボルネオの先住民族それぞれのモスク、寺院、教会が立ち並ぶ中で、盛大な祭り食文化の融合を楽しむことができます。 マレー人は自分たちの食べ物は周りの国々の料理のいいとこどりだと言いますが、立ち並ぶ屋台の料理を試せばそれもうなずけます。

    急速にハイテクな成長をとげたマレーシアの首都クアラルンプール(KL)の第一印象は、きっと、輝く高層ビルが建ち並ぶ活気に満ちたカラフルで現代的なメトロポリスでしょう。 人気のあるランカウイ島は、ペナンの北にあるヤシの木に囲まれた免税の島です。そして、この半島の東海岸の先にはペルヘンティアン島ティオマン島といった驚くほど美しい島々があります。