シンガポール

リトル・インディア、チャイナタウン、アラブストリート
コロニアル地区
シンガポール動物園とセントーサ島

MSCグランド・ボヤージュ・クルーズを検索

シンガポール

人々が集う街

シンガポールは、MSCクルーズの素敵な寄港地のひとつです。


シンガポールで暮らす様々な民族は、長い年月をかけてそれぞれの建築物を維持し、独自の料理や文化を発達させてきました。リトル・インディアには花輪売りやカレーハウス、チャイナタウンには書道家や占い師、アラブ・ストリートには素敵な衣類や骨とう品を売る店が並びます。 シンガポールのダウンタウンの中心には歴史的な公共建築や大聖堂がそびえるコロニアル地区があります。

シンガポールの古い街並みは、遅ればせながらも行われた保存作業により見違えるほどになりました。重要な歴史はいくつもの素晴らしい博物館にも見られます。国立博物館は14世紀以来のシンガポールの歴史を、チャイナタウン・ヘリテージ・センターは初期の住民たちが耐え抜いた厳しい状況の記憶を呼び起こします。プラナカン博物館ババ・ハウスはシンガポールのババ・ニャナの歴史をマラッカやペナンと同様に重要なものとして記念しています。

MSCグランド・ボヤージュ・クルーズではシンガポール動物園への寄港地観光もお楽しみいただけます。 穏やかなセレター・リザーバーに突き出た土地にある動物園にはブキティマ・エクスプレスウェイで行かれます。「開かれた展示」を行っているこの動物園では、動物の自然のままの生態を見ることができるように堀などを使った展示を行っています。ただし大型のネコ科動物などはオリの中で飼育されています。 開園時間中には、いつもどこかで動物ショーやエサやりショーが行われています。中でも見応えのあるスプラッシュサファリでは、ペンギンやマナティ、アシカなどを見ることができます。 30年にも及ぶ大規模開発は、寄港地観光で訪れるセントーサ島の姿を大きく変えました。この島の名は皮肉なことにマレー語で「静寂」を意味しますが、今では大きな建物が立ち並ぶ一大リゾート地です。

人工的ではあっても楽しめるセントサ島は、リゾートと郊外型テーマパークのハイブリッドです。まずまずのビーチ、北岸には新しい巨大カジノ・リゾート、ユニバーサル・スタジオテーマパーク水族館もあります。

Must see places in Singapore

Discover our excursions

条件に合う情報が見つかりませんでした。

    申し訳ございません。選択された寄港地の観光ツアー情報が見つかりませんでした。

シンガポール

アジアの美食の宝庫
アジアの美食の宝庫

東南アジア旅行が初めての方でもお楽しみいただけます。とても安全なシンガポールは、その広くはない国土と先進的なインフラにより、整然としてアクセス抜群の国です。

この島では、魅力的なチャイナタウンやリトルインディア、見応えのある歴史博物館や植民地時代の建築物、そしてもちろんショッピングを楽しむことができます。 


シンガポールへのクルーズは、アジア有数の美食の国の評判を確かめる良い機会です。屋台ですぐに食べることができる軽食から、高級な中華レストランでの得も言われぬ料理までお好みの味をお楽しみください。 

19世紀のシンガポール川は、どんどん盛んになる交易のための主要な水路となり、屋形船ほどの大きさで、船首に行き先を見つめるような目が描かれたバムボートと呼ばれる伝統的な荷運び舟でごったがえしていました。 

1880年代には、ごったがえす舟の上を河の対岸まで足を濡らすことなく歩いて渡ることができるほどだったそうです。 


今は、すっかり整備された川沿いには流行のレストランやバーが立ち並び、1970年代でもまだ歩いて渡ることができたことが信じられないほどです。