プーケット

素敵な手工芸品と有名なレストラン
雰囲気の良い旧市街
ナッカードの丘の大仏

MSCグランド・ボヤージュ・クルーズを検索

プーケット

ジェームズ・ボンドの映画の舞台

プーケットタウン(ムアン・プーケット)は、ただビーチを訪れるだけのツアーとは一味違い、歴史と文化に触れる、MSCグランド・ボヤージュならではの寄港地観光です。
 
ほとんどの訪問者は街の散策もほどほどにビーチへと向かう乗り合いバスに飛び乗ってしまいますが、たくさんの風変りなカフェやアートショップ、有名なレストランや質の良い手作り工芸品の店などが並ぶ旧市街の中心地を散策しながら、この街の生活に親しむ時間も捨てがたいものです。

旧市街で最もエレガントな建物の幾つかはタラン通りから西に向かって並んでいます。この通りには多くの看板、パステルカラーのドアやシャッター、手の込んだ漆喰細工、装飾の施されたドア、そして、これらがアーチのついた歩道で結ばれています。 MSCグランド・ボヤージュ・クルーズでは、最近建立されたプーケットのビッグ・ブッダへの寄港地観光もお楽しみいただけます。この高さ45メートルの仏像ナッカードの丘の上にあり、南西にカタヤイビーチが見えるなど、大変見晴らしの良い場所です。


コンクリート製の仏像の表面は白く輝く大理石のタイルで覆われています。東を向いた巨大な仏像はが座るハスの花の台座が25メートル、螺髪の一つの大きさが1メートルもあります。 仏像の足元からは、東のカロンビーチの先から、丘が連なるローン島、そして西のカタノイビーチまでのパノラマが一望できます。 島の住人にとり、チャロンは、ワットチャロンの建つ重要な場所です。プーケットで最も敬愛される有名な寺院は、1876年に起きた中国移民のスズ炭鉱夫たちによる暴動を鎮めた僧ルアン・ポー・チャエムを祀っています。

また、プラマハータートチェディ(パゴダ)には仏舎利が納められていると信じられています。

Qué ver en Phuket

Discover our excursions

条件に合う情報が見つかりませんでした。

    申し訳ございません。選択された寄港地の観光ツアー情報が見つかりませんでした。

タイ

花の国
花の国

毎年数百万人もの観光客がタイを訪れていますが、この国はアジアでバケーションを過ごすには最適な場所です。

これほど多くの観光客が殺到しているにもかかわらず、タイの文化はほとんど壊されることもなく残っています。この国は植民地支配を巧みに逃れ、その豊かな伝統遺産を守りながら西欧文化を吸収してきました。 過去60年間にわたる変化を通じて、国民が敬愛する国王ラーマ9世はタイ社会の複雑な階層の頂点に立ち社会の安定化に寄与してきました。 そして、人口の85%は今でも男子のほとんどが出家を行う上座部仏教徒で、空のあちこちにそびえる寺院の屋根から、どこでも見かけるサフラン色の衣をまとった僧や、祭りや儀式でいっぱいのカレンダーまで日々の生活のすべてに信仰が色濃く表れています。

MSCグランド・ボヤージュ・クルーズで訪れるタイの街でも、伝統と現代性が最も入り混じって感じられるのがバンコクです。 旧市街のまばゆく輝く数々の寺院水上マーケット、18世紀に建設された王宮には時が経つのも忘れます。一方、ダウンタウンには高層ビルが林立し、最先端のファッションや凝ったブティック、ヒップなバーやクラブまでもが揃っています。 タイでは美味しい食べ物にも事欠かきません。フワフワした揚げナマズにピリッとしたマンゴーサラダ、美味しいビーフグリーンカレー、モチ米とココナッツを添えたマンゴーなどを味わってみてください。