パゴパゴ

国立公園
フラワーポット・ロック 
チア・セウ・ルーペ

MSCワールドクルーズを検索

パゴパゴ

深い緑をに囲まれる島

サモア諸島は太平洋の中でも最も人気のある場所です。 透き通った海と手付かずの自然の緑に囲まれた中でのサモアの人々から受けるもてなしはMSCワールド・クルーズの夢のバケーションの完璧なレシピです。

アメリカ領サモアの首都パゴパゴは、目を楽しませてくれる雄大な山々と森がそのほとんどを占めるトゥトゥイラ島にあります。
この街から寄港地観光を始め、サモアの文化と地元の伝統工芸品を集めたジャン・P・ハイドン博物館を見学しましょう。 市の西部の、まるで絵のような農家の市場には、美味しいエキゾチックな果物や色どり豊かで香りの良い農産物が並びます。
MSCで訪れるこの美しい島の西部や南部を探索し、アメリカ領サモア最高峰の山があるマタファオ公園や、星形をした古代ポリネシアの墓地ティア・セウ・ルペなどを訪れることもできます。 そして、珍しい形をしたフラワーポット岩などこの地の自然の不思議を目します。首都の背景となっているアラヴァ山の尾根歩く寄港地観光では、アメリカ領サモア国立公園にも向かうことができます。 レオネ滝に飛び込むことも忘れるわけにいきません。この滝は同じ名前の村にあります。また、この場所の玄武岩の石切り場はこの国の考古学遺跡です。 環太平洋で見られる石造りの物はこの石切り場から削り出されたものが多くみられます。
MSCクルーズ中は、パゴパゴの美しい砂浜でリラックスしてください。シュノーケリングに最適なアレガ・ビーチや、真っ白なトゥラ・ビーチなどがおすすめです。 

Must see places in Pago Pago

Discover our excursions

    アメリカ領サモア

    満天の星の下で
    満天の星の下で

    心の底からリラックス。 サモアで休暇を過ごす理由。 南太平洋に浮かぶアメリカ領サモア は、自然のままのビーチクリスタルのように透明な海、豊かな緑、その合間を湖へと流れ込む小川、そして 絶景の滝が美しい魅力的な島国です。

    アメリカ合衆国の自治領となるアメリカ領サモアは、東サモアとも呼ばれ、ドイツの植民地であったサモア独立国(旧称西サモア)の東に連なる島々です。 そして、ニュージーランド、イースター島、ハワイを結んだ海域がサモアのあるポリネシアとなります。

    エメラルドグリーンの森とのコントラストが驚くほど美しいオフ・ビーチなどの白い砂浜で、全てを忘れて楽しむ時間を過ごしてください。 首都 パゴパゴアメリカン・サモア国立公園には、笑顔で暮らす島の人々の簡素な家が点在するだけの手つかずの大自然があります。