ラウトカ

ママヌザ諸島
ヤサワ諸島
ナカウヴァドラ山脈

MSCワールドクルーズを検索

ラウトカ

まるで映画のワンシーンの様なビーチと島

穏やかな気候の太平洋の真ん中に浮かぶ世界一美しい島々は、のんびり過ごしたり豊かな緑の中で素敵な寄港地観光を楽しむことができる小さなパラダイスです。

フィジー諸島最大の島ビティレブ島には、この国で二番目に大きな街ラウトカがあります。 MSCワールドクルーズでこの島を訪れたら、港と大きなサトウキビ工場が有名な魅力溢れる街の中心部へとお出かけください。 ラウトカは「シュガー・シティ」の名でも知られています。
街の通りにはヤシの木が並び都会的な雰囲気も感じさせます。この街からは白い砂浜と透き通った海に囲まれたママヌザ諸島も近く、シュノーケリングやサーフィンを楽しめます。 ママヌザ群島は20あまりの島からなり、岸のすぐ近くにある大きな珊瑚礁が大洋の波から島を守っています。 明るい陽射しとラグーンが自慢のママヌザ諸島は目を楽しませてくれます。トム・ハンクスが主演した有名な映画キャスト・アウェイが撮影された島もこの中にあります。
MSCクルーズならヤサワ諸島も訪れることができます。ビティレブ島からも近く、1980年の映画「ブルー・ラグーン」で有名になりました。 息を飲むような美しい景色や白い砂浜が目に見える限り続く島が、映画作りにインスピレーションを与えてきたことは言うまでもありません。

とても小さなナナヌイラ島へと向かうMSCクルーズ寄港地観光も見逃せないものです。この島の広さはわずか3.5平方キロしかありません。 岩場の入り江と柔らかな草原の丘からは、ビティレブ島の火山が連なるナカウバドラ山地が望めます。 

Must see places in Lautoka

Discover our excursions

    フィジー

    ビーチとターコイズブルーのラグーン
    ビーチとターコイズブルーのラグーン

    数字で知るフィジー:332の島(人が住むのは110の島)と500の小島

    フィジー共和国は、ニュージーランドからおよそ2,000キロ離れた太平洋メラネシア諸島にある島国です。 フィジーの人口のほとんどが暮らすビティレブ島バヌアレブ島の美しい2つの大きな島には、果てしなく続くビーチ手つかずの緑が残されています。 
    旅行者は島の人々の上品な物腰と笑顔、そして温かなもてなしに、たちまち魅了されてしまいます。 岸から離れるほどに青の色彩が変化していく海は、色鮮やかなサンゴ礁へと続いています。 青く茂る植物と色鮮やかな花々の陰に幾筋もの小川と見事な滝が隠されているビティレブ島は是非訪れてください。 
    コーラル・コースト沿いのクラ・エコ・パークは、さまざまな鳥や哺乳類、両生類、そして魚たちが自由に自然の中で暮らす、とても興味深い場所です。 ビティレブ島を後にする前に、サベト・ホット・スプリングスで泥風呂を楽しみましょう。ナディラウトカの間にあります。