サランダ

ブトリント遺跡
テぺレナのアリ・パシャの城
メソポタミアの修道院

地中海クルーズを検索

サランダ

アルバニア南部のご案内

美しい砂と小石のビーチ、青く輝く海、アルバニア沿岸でも有数の美しい自然環境に恵まれたサランダ は、海岸からコルフ島が見渡せるほどギリシャとの国境にも近く、イオニア海の観光スポットの中でも大変人気のある場所となりました。

MSCクルーズ地中海の目的地の一つとなるこの沿岸都市は、周辺で最も近代的な街でもあり、美しい海だけではなく歴史や環境の面でも訪れる人々を魅了します。

歴史的に重要な場所には、古代オンヘスモスの遺跡(サランダの当時の呼称)、古代都市フォイニケの跡、かつての栄光を復元すべく近年修復されたブトリントの古代ローマ時代の遺跡、そしてアドリア海を見渡す正方形構造の19世紀アルバニアの歴史的建造物であるテペレナのアリ・パシャの城などがあります。 サランダの街を散策すると、ホテルが立ち並ぶ人気のある観光地特有の雰囲気を感じることができます。

MSCクルーズの寄港地観光 では、青い瞳を思わせる澄んだ青い池 Syri Kalter(ブルーアイ) というカルスト泉にご案内します。 この泉は明るいカシ林の中心にあり、母なる自然を身近に感じながらピクニックをするのにも最適な場所です。 また、近くには13世紀まで歴史をさかのぼることができる、アルバニアで保存状態のよい唯一のビザンチン教会である メソポタムの修道院があります。
身廊が1つ、後陣が2つという珍しい設計が特徴の古代の祈りの場は、聖ニコラス(Shën Kolle)に捧げられたものです。

Must see places in Sarande

Discover our excursions

    アルバニア

    昔の面影を今に残す地中海の国
    昔の面影を今に残す地中海の国

    数十年におよぶ孤立主義政権後も、言葉や習慣、食文化にエキゾチックな雰囲気を色濃く残すアルバニアがヨーロッパ諸国に溶け込むまでには、まだまだ時間がかかりそうです。


    自然のままに残された海岸線に縁取られた険しい山々を擁するアルバニア南部こそが、この国の最も魅力的な地域です。 内陸の道筋にある街ベラトジロカストラは、オスマン帝国時代の建物が建ち並ぶ、是非訪れたい場所です。
      
    イオニア海岸を目指して下ると、ヨーロッパの地中海沿岸では数少ない手つかずの自然が残されたエリアにたどり着きます。そこでは、海と空の2つの青を引き裂くリボンのように広がる灰色の山々にいつでも日が当たっています。そして、晴れた日には標高1,027メートルのロガラハ パスからイタリアを見渡すことができます。


    ギリシャのコルフ島からは日帰りで訪れることもできる、太陽が降り注ぐ街サランダ は、のんびりと散策したり、カクテルを手に夕陽を楽しむことができる、アルバニアで最初に訪れるのにふさわしい魅力をもつ街です。 街にもビーチがありますが、南に約25キロほどの都市遺跡ブトリントの近くが、よりおすすめです。