ドブロブニク

時が止まったような旧市街
聖母被昇天大聖堂
旧総督邸

地中海クルーズを検索する

ドブロブニク

洗練されたスタイルの融合

小高い山の麓に広がる歴史ある城郭都市、ドブロブニクは、クロアチアで最も人気のクルーズ寄港地です。その理由は、一目でわかります。 MSCの地中海クルーズの寄港地観光では、1667年の震災後、バロック様式で再建された中世都市の魅力を堪能できます。ドブロブニクの歴史地区は、当時のまま時が止まったかのよう。

まずは、街を通り抜け、聖母被昇天大聖堂を訪れます。大聖堂の内部には、2枚のイタリア絵画が奉納されており、その一つ、画家ティタンによる聖母被昇天聖画 は、祭壇の背後に飾られています。 中世都市の中心にあるルジャ広場のすぐ南には、ラグサ共和国の歴代総督が住んでいた旧総督邸があります。

現在の邸宅は、まさに洗練された建築美の傑作。柱廊のアーチは美しい装飾で縁取られ、アーチを支える柱の柱頭は、繊細なカーブを描いています。 細い小道を進んでいくと14世紀のフランシスコ会修道院があります。後期ロマネスク様式の回廊は、2本組の柱が連立してアーチを描き、柱頭部分に人の頭や伝説の動物が掘られています。

聖ヤコブビーチへ向かうボート乗り場からは、街一番の絶景を眺めることができます。地中海にそびえる断崖絶壁の足元に広がるこの小さな小石の砂浜へは、聖ヤコブ修道院ベルヴェデーレホテルの間を通る海岸線沿いの小道を通ればたどりつけます。 旧市街の美しい後ろ姿。 午後と夕暮れの陽光を浴びてきらめく旧市街の西側は、ゆっくりくつろぐ休日のひとときにぴったり。

ドブロブニクの20キロメートル南には、コナブルと呼ばれる、海と山々に挟まれた細長い肥沃な農業地帯が広がります。 心安らぐ風景を眺めながら車を進め、2つの美しい村を訪れます。ドブロブニク共和国の都市部周辺に広がるコナブル地域は、昔からドブロブニクに新鮮な農産物を供給する食料庫です。

Must see places in Dubrovnik

Discover our excursions

    クロアチア

    自然と魅力があふれる国
    自然と魅力があふれる国

    クロアチアへの地中海クルーズでは、2,000㎞におよぶ入り組んだ海岸線、その多くが草木に覆われた1,000を超える島々など、豊かな自然に恵まれた国土を満喫していただけます。


    クロアチアでの休暇では、都会的な魅力も楽しめます。ヨットで埋め尽くされた港にはカクテルバーが立ち並び、特にドブロブニクフヴァル島などが人気を集めています。 クロアチアの細長く伸びる海岸線の北端にはイストリア半島があり、クロアチアで最も開発の進んだリゾートが数多く見られるほか、かつてはヴェネチア共和国の一部であったポレッチロヴィニなどの歴史都市や、古代ローマ帝国の遺跡が残るにぎやかな港町プーラがあります。 イストリア半島のすぐ南には、多くの島々が浮かぶクヴァルネル湾が広がります。文化活動が盛んなことでも知られる港湾都市リエカは、ここを拠点にアドリア海の交易の要所として栄えてきました。

    クヴァルネル湾の向こうにはダルマチア地方が広がり、複雑な海岸線と山々、数百の島々が見事な景観を織りなしています。 北部ダルマチア地方の主要都市ザダルの目抜き通りには、中世の教会が多く建ち並びます。 クロアチア第2の都市スプリットは南部ダルマチア地方の主要都市。この賑やかな港町には、ディオクレティアヌス帝の宮殿を中心に形成された旧市街が今も残ります。