マルセイユ

情緒あふれるビューポール
名勝ノートルダム・ドゥ・ラ・ガルド寺院
ファロ宮殿からの眺め

地中海クルーズを検索する

マルセイユ

多文化の香りと風味

MSCの地中海クルーズマルセイユを訪れる準備はできましたか?
南フランスを巡るクルーズの旅では、マルセイユが、パリとリヨンに続いてフランスで最も有名かつ人口の多い大都市であることを予備知識として持っておきましょう。 MSCクルーズ客船を降りて、まずはカフェが立ち並ぶビューポール(旧港)へ。陸揚げされたばかりの新鮮な魚介類が直売されるこの港のベルジュ埠頭は、街の人々の生活に触れることができる絶好の場所です。

午後の散策には、街の北側のル・パニエ(Le Panier)と呼ばれるエリアが特におすすめ。テラスで暖かな陽光に包まれながら、目の前に広がる美しい風景を眺めていると、穏やかな時が過ぎて行きます。 ビューポールで一番眺めのいい場所は、サン・ニコラ要塞を越えた岬の上に建つファロ宮殿です。ラ・ガルドの丘の上に建つマルセイユの第二帝政時代を象徴するノートルダム・ドゥ・ラ・ガルド寺院からは、さらに遠くまで広がる風景を見渡すことができます。 また、北側には、マルセイユで一番古い街並みが残るル・パニエ地区があります。地中海沿岸の街によく見られる細い路地や急勾配の階段道、そして第二次世界大戦までの各時代に建てられた建物がコートダジュール特有の歴史情緒あふれる街並みを生み出しています。

ビューポールからは、さまざまなMSCクルーズの寄港地観光もお楽しみいただけます。 大都市マルセイユを離れて30キロメートル南へ向かうと、プロバンス地方の中心都市、エクス・アン・プロヴァンスに到着します。 エクスでは、一瞬にしてこの街の魅力にとらわれてしまいます。昔から保守的な街として知られ、美しさを散りばめた威厳ある街並みを残しています。

中世初頭にカトリックの総本山である教皇庁が置かれ、何百年にもわたり芸術の都として栄えたアヴィニョン。この街も、ぜひ寄港地観光で訪れていただきたい場所です。 中世に建てられた低い城壁は、今もなお、アヴィニョンの旧市街を守り続け、90度のカーブを描くローヌ川の流れに沿って街を取り囲んでいます。 旧市街の入り口にある城門や塔は再建されたものです。この街の歴史地区は、城壁により、その外側にとめどなく広がる近代都市からはっきりと隔離されています。

Must see places in Marseille

Discover our excursions

    Reach the port

    Port of Marseille

    Find out how to get to the port of Marseille and find parking information.

    Cruise Terminal:

    Embarkation stands at MPCT,
    Môle Léon Gourret (Gate 4)

    Reach the port by

    • Car

      From highway A7, reach the A55 (« Autoroute du Littoral »): take gate 4 and follow the signs towards cruise terminal.
      Car
    • Train

      Arriving at Marseille Saint-Charles train station, you can take a taxi to the cruise terminal (15-20 minutes). 
      We suggest you not to take a bus as they stop far from the cruise terminal.
      Train
    • Plane

      Marseille Provence airport is located around 20 km far from the port.
      You may reach the cruise terminal by taxi.
      Plane

    フランス

    個性あふれる、気高き国の魅力
    個性あふれる、気高き国の魅力

    南フランスの休日で、この世のものとは思えない体験を。 南フランスはまるでエデンの園。雪を頂くプレアルプスの連峰と山麓に囲まれ、東は地中海、西はローヌ川近くまで広がります。


    沿岸地域は、森林に覆われた険しい丘陵地帯が広がり、海岸線は、ほのかなきらめきを放つ岩だらけの断崖に囲まれた細くて深い入り江が延々と続く、カランケと呼ばれる小さなフィヨルドのような地形を形成しています。 これらすべてが、まるで魔法のような地中海の輝きに彩られ、一層の魅力を放ちます。 南フランスは、春と秋がベストシーズン。やわらかな太陽の光と鮮やかな色彩に包まれた風景は、まるで舞台芸術のよう。一つひとつの風景がまるで計算されたように、最小限の照明で、最大限の輝きと色彩を放っています。 南フランスを巡るクルーズは、リビエラ海岸の中心都市、ニースを訪れる絶好の機会。この街には、明るく魅力あふれるイタリア文化と、素晴らしい芸術が花開いたベルエポックの華やかさが共存しています。

    街の東には、コルニッシュ(Corniche)と呼ばれる断崖道路が3本延びています。一番低い場所を通るコルニッシュは、絵画のように美しい海辺の街、ビルフランシュ、サン・ジャン・カップ・フェラ、ボーリューを通っています。その上を通る2本のコルニッシュは、ヨーロッパ随一の絶景を誇る海岸道路で、美しい入り江の村、エズと小さなモナコ公国へと続いています。 リビエラ海岸の西側には、このエリアで最も美しいビーチが点在し、きらびやかなジュアン・レ・パンや、華やかなデザイナーショップと映画祭で有名なカンヌがあります。