ラベンナ

ビザンチン美術の最高傑作
サンタポリナーレ・ヌオヴォ聖堂の美しいモザイク画
フェラーリ博物館  

地中海クルーズを検索する

ラベンナ/サンマリーノ

モザイクの街

ラベンナの街は、MSCの地中海クルーズ船が停泊するアドリア海の港から内陸部へ数キロメートルの場所に位置しています。この街を訪れる人々のお目当ては、ビザンチン美術の最高傑作といわれるモザイク画のコレクションです。

ラベンナには、ユネスコの世界遺産に登録されている建造物が8つもあります。 古代ローマ時代後期から初期ビザンチン時代という、街の歴史の変遷期に建立されたこれらの建造物のおかげで、ごく普通の地方都市が、瞬く間にヨーロッパでも重要な都市のひとつになりました。 ラベンナの街の中心にあるのはポポロ広場(市民広場)です。この洗練されたオープンスペースには、15世紀に建てられたヴェネツィア小宮殿があり、両側に広がるその拱廊(アーケード)には、現在カフェが軒を連ねています。 ドゥオーモ広場では、ドゥオーモとその側にそびえる円筒形の鐘楼が、周りを取り囲む建築群によって守られています。 5世紀に建立された建物は、1733年の地震により崩壊。間もなく現在の建築様式に再建されました。

サンタポリナーレ・ヌオヴォ聖堂を訪れずして、ラベンナでの休日は語れません。 6世紀に東ゴート王国の王テオドリックによって建てられたこの聖堂は、ラベンナで最も素晴らしいとされる数々のモザイク画によって両側の身廊上部の壁面が彩られています。 これらのモザイク画には、ナツメヤシの並木道を贈り物をたずさえて聖母子のもとに向かう殉教者たちの参列姿が描かれています。 ラベンナから西へ130キロメートルほど行くとマラネッロの街があります。ここでは、また一味違った思い出に残るMSCの寄港地観光をお楽しみいただけます。 フェラーリ博物館には、レースの王者として君臨するフェラーリ社ゆかりの品々が展示されています。

展示物には、フェラーリチームが長年かけて獲得してきた優勝カップやトロフィーをはじめ、フェラーリの歴代モデルと近代モデル、そしてフェラーリのエンジンコレクションの数々が含まれます。 また、お土産ショップには、野球帽からサーフボードまで、さまざまな商品が並んでいます。

Must see places in Ravenna

Discover our excursions

    イタリア

    歴史、美食、ファッションの街
    歴史、美食、ファッションの街

    イタリアの旅は、驚きと感動の渦。 ローマは、他に類を見ない偉大な都市。歴史に彩られた街並みの美しさはイタリア随一です。
     
    北西部沿岸に広がるリグーリア州は、昔から「イタリアのリヴィエラ」として親しまれ、夏になると暖かい太陽の日差しをお目当てに集まる観光客で賑わいを見せます。
    北東部沿岸に位置するヴェネト州の見どころは、なんといっても個性あふれるヴェネツィア。その美しさは世界的に広く知られています。 イタリア中部のトスカーナ州は、穏やかに波打つ丘稜地が広がる田園風景をはじめ、芸術の都フィレンツェやピサなど、イタリアを象徴する風景に出会えます。

    イタリア南部はカンパニア州を境に広がります。 その州都、ナポリは強烈な個性を放つ街。ここには南イタリアの精神が息づいています。 イタリアの「かかと」部分に位置するプーリア州は、あまり知られていないイタリアの秘境。特にガルガーノ半島の絶景と、多様な表情を持つ州都バーリはおすすめです。

    シチリア島は、イタリア本土とは全く異なる別世界。ヨーロッパ随一の古代ギリシャ遺跡の宝庫であり、国内有数の地中海ビーチリゾート、タオルミーナチェファルの高台からの絶景など、多彩な魅力にあふれています。