バレッタ

ユネスコの世界遺産に登録された地中海の港湾都市
マルタ島の首都
聖ヨハネ准司教座聖堂

地中海クルーズを検索する

バレッタ

16世紀の街並み

ユネスコの世界遺産に登録されている港湾都市、バレッタ地中海クルーズの客船が必ず寄港する、魅力あふれるマルタ島の首都です。

16世紀の後半にエルサレムの聖ヨハネ騎士団(のちのマルタ騎士団)によって設計され、フランス人騎士団総長のジャン・ド・ラ・バレットによって建設されたバレッタの港は、MSCクルーズの客船の船上から眺めただけで、その美しさに見惚れてしまいます。 街の面積はおよそ0.8平方キロメートルで、その範囲内に300以上の歴史的建造物が保存されています。クルーズの旅で訪れる寄港地の中で最も歴史的観光名所が密集している街のひとつで、他にもビーチや海辺のショップやレストランなどの見どころがたくさんあります。

マルタ島の寄港地観光はここ、首都のバレッタから始まります。クルーズに慣れている人でさえ、旧市街の街並みを彩る有名なマルタ・バルコニーには心を奪われます。 街の人々が一年365日毎日訪れても大丈夫なほど、数多くの教会に取り囲まれています。中でも聖ヨハネ准司教座聖堂は、マルタ観光の要所のひとつです。

一方、国立考古学博物館には、島内で発掘された先史時代の遺物が収蔵されています。 グランド・ハーバーのそばには、港の埠頭を見下ろすオーベルジュ・ド・カスティーユ(騎士団の宿舎)と美しいバラッカガーデンへ続く地下通路があります。この通路は、夜、街の城門が閉じられた後、旅行者用の避難用通路として使用されます。 マルタ島の中世の貴族の生活に触れるなら、カーサ・ロッカ・ピッコラへ。

16世紀に建てられ、現在マルキス・デ・ピーロ9世の住宅として実際に使用されているこのパラッツォ(宮殿)では、当時の調度品や第二次世界大戦中に使われた防空壕などが一般公開されています。 マルタ島最大のビーチからは、映画「ポパイ」のロケ地として使われていたセットが保存されているポパイ村が見えます。また、メリーハの聖母聖堂では、聖母子の姿が描かれたビザンチン様式のフレスコ画を鑑賞できます。このフレスコ画は、聖パウロと共にこの島に難破した聖ルカによって描かれたと言い伝えられています。

Must see places in Valletta

Discover our excursions

    マルタ

    悠久の歴史にふれる旅へ
    悠久の歴史にふれる旅へ

    マルタ島は、1万年以上にわたり覇権争いの舞台となった歴史を持つ地中海の中心に浮かぶ島国です。ここでは歴史と近代が見事な調和を奏でています。

    マルタ共和国は、 マルタ島ゴゾ島コミノ島の主に3つの島から成り立っています。 その歴史は、新石器時代にまでさかのぼります。ビルゼブジャ北部には、最古の人類の生活痕跡が残るアール・ダラム洞窟(マルタ語で「暗闇の洞窟」の意味)があります。 一方、キリスト教ゆかりの地を訪れるなら、モスタへ。ここでは、世界有数の壮大なドームを擁するサンタマリア・アスンタ教会を訪れましょう。

    マルタ島で過ごす休日には、島の中央部を訪れるツアーも含まれています。「静寂の街」または「高名な街」の異名を持つ古都イムディーナは、高い城壁に囲まれた要塞都市で、細い路地には手工芸品店や小さなレストランなど小さなお店が並んでいます。 この街からは、一番美しいマルタ島の風景を堪能することができます。

    マルタ島の南部には先史時代の歴史が刻まれています。パオラにあるハル・サフリエニの地下墳墓は、紀元前4000年から紀元前2000年の間に建造されたとされる3階建ての巨大地下構造物で、神殿または地下墓地として使用されていました。また、マルタ島とゴゾ島に残る7つの巨石神殿群のひとつを訪れることもできます。 ゴゾ島の中心都市、ラバトでは、150メートルの高さから街を見下ろす堅牢な城壁に囲まれたシタデル(要塞)を訪れます。