コペル

カリ、カンピ、ブロリ、有翼の獅子
プレトリオ宮殿のポルチコ
中世のドゥオーモ広場

地中海クルーズを検索する

コペル

ヴェネツィアとの密接な関係

カポディストリアを訪れるということは、この都市を500年近く統治した「最も高貴な」共和国ヴェネツィアの港を訪れるということです。
 
MSCクルーズ客船から下りて歴史的市街を散策すると、Calli(ヴェネツィア独特の狭い街路)、Campi(小さな広場)、Broli(庭園)、宮殿のファサードを飾る貴族と支配者の紋章である有翼の獅子など、ヴェネツィアで目にしたものと非常によく似た特徴に気づくことでしょう。

この都市を織り成す特徴が最も魅力的に表現されているのは、カレガリア通りです。この通りには昔、商人や職人、特に靴職人のワークショップが集まっていました。 MSCの地中海クルーズの中で特に興味深い寄港地観光に挙げられるものに、マッジョーレ門のマリーナ、15世紀半ばに再建されたドゥオーモ広場にあるプレトリオ宮殿(法務官の宮殿)のポルチコの見学があります。 教会は美しい15世紀のファサードで、その門はピエトロ・ロンバルドによって設計されました。内部は18世紀の装飾であり、フィリポ・デ・サンクティスによって1422年に製作された聖ナザリオのアラバスターのサルコファガス(石棺)も置かれています。鐘楼はドゥオーモよりもさらに古く、12世紀から13世紀にかけて建設されました。

ロマネスクの建物(Casa Percauz、13世紀または14世紀)からブロロ広場やカレガリア通り沿いに多く見られる中世後期ゴシック建築(トスカーナ出身の建築家が設計した特徴的な「ゲッフォ」をもつ建物、外側に張り出した上階、ルネッサンス、バロック、新古典様式の建物)にいたるまで、カポディストリアの歴史的市街地全体に見どころが詰まっています。

その他、スロベニアの首都リュブリャナへの寄港地観光を楽しむこともできます。非常に美しい街でありながら未だその魅力があまり知られていないこの首都は、様々なスタイルの建築物が調和しつつ混在しています。 リュブリャナは2つに分岐する川に沿ったツアーで探索することができます。ポンテ・トリプロ(三重橋)、見事なチボリガーデン、街や市場を見下ろすお城、中心街など、興味深い見どころが多数あり、忘れない思い出となることでしょう。

Must see places in Koper

Discover our excursions

    スロベニア

    森の中をサイクリング
    森の中をサイクリング

    政情の安定した豊かでフレンドリーな国スロベニアは、観光客にとっても魅力的で快適な場所です。建築的にも文化的にも豊かな都市であり、郊外の緑豊かな松林にも恵まれ、夏はハイキングやサイクリング、冬はスキーを楽しめます。

    スロベニアは、旧ユーゴスラビアの分裂の際に他の国々を苦しめた争いをほとんど回避しています。 

    1918年までハプスブルク家の統治下にあったスロベニアは、ドイツ語を話す支配者の文化を吸収しながらも、スラブ言語を通して強い民族意識を保ちました。 


    スロベニアへのクルーズは、洗練された首都リュブリャナを訪れることなしには終わりません。このこぢんまりとした明るい雰囲気の都市には、バロック様式およびハプスブルク王朝時代の美しい建物があちこちに見られます。 

    ここから車で少し行ったところにあるジュリア・アルプス山脈では、壮大な山の景色を満喫できます。最も行きやすいのは、ブレッドボーヒン双子の湖です。また、スロベニアの西側の国境近くに広がるソカ渓谷では、さらに圧倒的な景色を眺めることができます。 


    さらに南に行くと、ポストイナシュコツィヤンといった大規模な鍾乳洞があり、地中海沿岸には歴史的都市ピランとパーティにぴったりのポルトローシュという2つの全く異なる街があります。 

    東部のワイン生産地域では、スロベニア最古の都市で保存状態のよいプトゥイや、スロベニア第2の都市マリボルなどが、オーストリアへの道中に立ち寄るのにおすすめです。