カルタヘナ

スペインにおけるハンニバルの都
建築家ベルトリによる洗練された近代建築
コンセプシオン城

地中海クルーズを検索する

カルタヘナ/ムルシア

中世の迷路のような街路

スペインへのMSC地中海クルーズカルタヘナの魅力を発見しましょう。地中海に面した港から旧市街に入ると、そこはバーやレストランが集まる狭い中世の街路。この街の真の魅力をご覧いただけます。 イベリア半島にあるハンニバルの都カルタヘナは、ハンニバルの生誕の地である北アフリカのカルタゴにちなんで名付けられました。ローマ帝国にとって戦略的に重要な港であり、また行政の中心地でした。

このような歴史から、灯台に続く道中のアーセナルの城壁の外側に建つ国立考古学博物館には、再建されたローマのガレー船をはじめ、興味深い展示品が数多く陳列されています。海軍史と航海にテーマを絞ったコーナーや、地中海の港についてのコーナー、沈没した船から見つかった品物を陳列するコーナーなどがあります。 また、市立考古学博物館は、ローマ時代の墓の上に建設されており、カルタヘナの古代の歴史を学ぶことができます。
見事なガラス製品など、ローマ時代の工芸品のほか、ロマネスク美術の絵画や彫刻が収蔵されています。

MSCの地中海クルーズ寄港地観光では、カタルヘナの豊かな歴史を最もよく感じていただける方法として、街の散策へとご案内します。 道中では数々の近代建築を目にしますが、そのほとんどはカルタヘナ出身でガウディの弟子であったビクトル・ベルトリ(Victor Beltri)の設計によるものです。 主な見どころとして、サンフランシスコ広場のカサ・マエストレ(Casa Maestre)やマヨール通り15番地(c/Mayor 15)に建つカサ・セルバンテス(Casa Cervantes)、エスパーニャ広場に建つホテル・サパタ(Hotel Zapata)があります。

カルタヘナの歴史をさらに探求するには、標識をたどるかエレベーターでコンセプシオン城に行き、その興味深い展示品を見学するのがおすすめです。また、城壁の周りを散策して、カルタヘナと周辺地域のパノラマビューを展望台から楽しむこともできます。

Must see place in Cartagena

Discover our excursions

    申し訳ございません。選択された寄港地の観光ツアー情報が見つかりませんでした。

スペイン

一目で恋に落ちてしまう街
一目で恋に落ちてしまう街

スペインを訪れるときは気をつけてください。この国は一度訪れるとやみつきになります。 クルーズの寄港地観光は、単なる街の散策やシティーツアーだけだと思われるかもしれませんが、ここスペインでは、地元のフィエスタの陽気な雰囲気やバルセロナのおとぎ話に出てくるような建築物など、気がついたときにはすでにその独特な魅力にとりつかれてしまっているはず。

地中海有数のリゾート地、コスタ・デル・ソルでは、地元の人々で賑わうバルやレストランで本場の味を堪能し、近くの村では一切「観光色」に染まっていない昔ながらの伝統的な闘牛をご覧いただけます。 


スペインの休暇では、重要な文化都市として発展を遂げたバルセロナをはじめ、北部の大都市を訪れます。これらの大都市では、「シエスタ(お昼寝)」の時間帯でも多くのお店は営業しています。 


スペインはまた、世界が注目する美食の国。世界で最も高く評価される有名シェフを輩出し、革新的なレストランが店を構えます。そう、明らかに時代は変わりました。 かつてのスペインとはまったく異なる表情を見せてくれる現在のスペイン。確かに経済的には不安定ですが、 

ここには驚きの旅が待っています。