タリン

魅力的な中心市街地
石畳の市場広場
中世後期に建てられた市庁舎

北欧クルーズを検索する

タリン

旧ハンザ同盟都市

エストニアのこぢんまりとした活気あふれる首都タリンは中心市街地の周囲が中世の城壁で囲まれ、一千年近くにわたり外部の影響を受けて形成されてきた都市です。
MSCクルーズのバルト海へのクルーズでは、タリンの中心地、その大半を今なお中世の城壁で囲まれた旧市街を訪れます。 街の中心にあるラエコヤ広場は昔、市場が開かれていた場所で、その後ろの丘の上には、中世にタリンを統治したドイツ騎士団の要塞であるトームペアが見えます。

旧市街地の真ん中にある石畳の市場広場、ラエコヤ広場は、タリンと同じくらい古い歴史をもちます。 南側には15世紀に建てられた市庁舎(ラエコヤ)が建っています。一階部分はエレガントなゴシック様式のアーチを擁し、北側には繊細なデザインの尖塔があります。

尖塔の頂上近くには、タリンの中世の守護者を模して16世紀につくられた風向計「トーマスおじさん」があり、タリンの街のシンボルとなっています。 地下には博物館があり、タリンの生活の様子が年代別に克明な説明とともに紹介されています。また、鐘楼からは素晴らしい眺望が望めます。 広場をもっと良く眺めたいなら、市庁舎の塔のらせん階段を登ってみましょう。

プハヴァイム通りにある14世紀に建てられた聖霊教会はタリン最古の教会で、石灰石の漆喰壁、階段状破風、曲線的な木製の内装、緑青色の高い尖塔、タリン最古のものである1680年代の装飾時計が見どころです。

これと対照的なのが、ラエコヤ広場の南西にあるニグリステ教会です。 現在は、中世の墓石などの教会美術を集めた博物館として使用されており、バーント・ノトケが描いた奇怪で神秘的な作品「死の舞踏」が収蔵されています。

Must see places in Tallin

Discover our excursions

    エストニア

    スパに彩られた中世の街
    スパに彩られた中世の街

    MSCの北欧クルーズで訪れるエストニアは、都会と荒涼とした大地、中世と近代が混在する国。歴史が刻まれた古城とカラフルなデザインが都会の風景にしっとりと溶け込んでいます。


    公共交通機関が充実しているので、観光も便利。ハイテク産業が盛んな活気溢れるこの国の人々は、旅人にも親切です。 古い世代の人々は、ソ連の占領下にあった時代のあつれきを今も背負っていますが、若い世代の人々は、人種の枠を超えて自由に交流を図っています。 エストニアの首都タリンは、中世の面影が残る美しい旧市街と活気溢れるシティライフが魅力。そしてエストニア第二の都市タルトゥは、若々しいエネルギーがみなぎる大学の街です。 パルヌは、美しい白砂のビーチが広がるバルト海沿岸の人気のビーチリゾート地。 手軽に楽しめるスパ、サーレマー島を望む美しい古城、そして手つかずのままの自然が残る田園風景が魅力です。首都タリンの郊外に広がるラヘマー国立公園では野生の自然美を満喫できます。

    夏のエストニアは、ウィンドサーフィンやカヤック、カヌー、海水浴などウォータースポーツのメッカ。 エストニアの本土をはじめ、サーレマー島ヒーウマー島など島の沿岸部は、ハイキングやサイクリング、乗馬を楽しむ人々で賑わいます。 エストニアの国土のおよそ20%は自然保護地。4つの国立公園と数多くの自然保護区で構成され、多種多彩な野生の動物や鳥たちの生息地となっています。