ヘルシンキ

荘厳なヘルシンキ大聖堂
新古典主義様式の首都
広大な元老院広場

北欧クルーズを検索する

ヘルシンキ

若々しい都市

愛らしい街ヘルシンキは、他のスカンジナビア諸国の首都とは明らかに趣が異なり、雰囲気の点でもその様相の点でも北欧の主要都市に似ています。
今日、ヘルシンキの大通り屋外カフェトレンディなレストランは短い夏を思いっきり楽しむフィンランド人で賑わい、若々しい活気にあふれています。

1808年の大火の後、1812年にフィンランドの首都に指定されたヘルシンキは、その新しいステータスにふさわしいスタイルで完全に再建されました。当時のロシアの首都サンクトペテルブルクを見本に広い街路が整備され、新古典主義のレンガ造りの建物が建てられました。

MSCクルーズ客船が停泊する港から延びる市電の向かい側、樹木が植えられた広い大通りエスプラナーディ通りは、ヘルシンキで最も魅力的な場所です。 エスプラナーディ通りの東端、Sofiankatu 4にあるヘルシンキ市立博物館では、「ヘルシンキ・ホリゾンズ」という常設展でヘルシンキの450年におよぶ歴史を紹介しています。

北側には元老院広場(Senattintori)があり、ヘルシンキ大聖堂が堂々とそびえ立ちます。 洗練された外観を眺めた後で質実剛健なルター派の内装を見ると、少々落胆するかもしれません。むしろ、今では展示にも使用されることがある、陰気で独特の雰囲気の遺体安置所のほうが見ごたえがあるかもしれません。 ヘルシンキの50キロメートル東にあるポルヴォーは南海岸で最も古く、フィンランドで最も魅力的な街のひとつです。MSCの北欧寄港地観光では、こちらも訪問していただけます。

細い石畳の通りに小さくカラフルな木造建築が建ち並ぶ様子から、首都の広大な広場や新古典主義の幾何学的な建築が建つ以前のフィンランド人の生活を追想することができます。 この古い街はマンネルヘイムカツの反対側の丘の周辺に建設されています。15世紀の大聖堂が建つマンネルヘイムカツは、ロシア皇帝アレクサンダー1世がロシア帝国内の自治国としてフィンランド大公国の樹立を宣言し、初のフィンランド帝国議会を開催した場所です。

Must see places in Helsinki

Discover our excursions

    フィンランド

    独特の文化を持つ神秘の国
    独特の文化を持つ神秘の国

    東はロシア、西は西欧と国境を分かつフィンランドは、これら2つの地域から強い文化的影響を受ける、北欧で最も神秘に包まれた国です。

    フィンランドの人々は、口数が少なくストレートな性質で知られています。天然サウナと毎年恒例の一風変わったお祭りをこよなく愛する、ちょっと変わった人々もこの国の魅力のひとつです。 フィンランドの国土は、全体的に平坦で所々に広大な森林がアクセントを添え、地方により異なる表情を見せてくれます。 フィンランドクルーズでは、フィンランドの南部を訪れます。ドラマティックな風景に出会うことはないかもしれませんが、首都ヘルシンキの見事な世紀末(フィン・デ・シエクレ)建築や素晴らしい後期モダニズムおよび近代美術作品のコレクションは、旅人の心を十分に満たしてくれます。そしてかつての首都トゥルクでも、見応えのある美術館や活気溢れるナイトライフを楽しめます。

    東部はロシアとの国境から工業都市タンペレまで、広大な湖水地方が広がり、豊かな湖水資源を利用した自然の水路がこの土地の林業を支えています。周りは水に囲まれた世界。多くの街は湖と湖に挟まれた狭い陸地に点在しています。 湖水地方から北上するにつれ、次第に勾配のある丘陵地とラップランドの森林が現れます。この地域はフィンランドで最も魅力溢れる土地で、トナカイの遊牧を行う半遊牧民サーミ人が住んでいます。