レイキャビク

ハットルグリムス教会
Sólfar、またの名を「太陽の旅人」
シンクヴェトリル国立公園

北欧クルーズを検索する

レイキャビク

スパの街

クルーズ客船が港に停泊すると、ファクサ湾の水面上にレイキャビクの姿が浮かび上がる様子を目にすることができます。 海岸沿いの埠頭には様々なショップや、ライブミュージックが楽しめるクラブ、カフェが並びます。
フラッカスティーガー通りをライキャルトルグ広場まで進んで、ヨン・グンナル・アルナソンによる現代彫刻ソルファー(Sólfar)を鑑賞しましょう。「サン・ボイジャー(太陽の航海者)」とも呼ばれるこの大規模な鋼製の彫刻はバイキング船を表しており、船首は北を向いています。

アザルストライティスーズルガタなどの歴史的市街地では、今も残る簡素なアイスランドの住居を目にすることができます。 レイキャビクで最も重要な建築史跡であるハットルグリムス教会は一見の価値があるでしょう。 MSCの北欧クルーズでご覧いただけますが、アイスランドは、国全体で地熱エネルギーが効果的に利用されており、各地にスパが存在します。

アイスランドの南西地域にあるシンクヴェトリル国立公園への寄港地観光もお見逃しなく。2004年以来、ユネスコの世界遺産に登録されています。 アイスランド最大の湖シンクヴァトラヴァトン湖の北岸では、アイスランド最大の割れ目アルマンナギャオの近くで、オクスアル川がオクスアルアゥルフォスの滝を形成しています。

滝に興味をお持ちなら、アイスランドの南東にあるガルフォスは必見です。ヒウィタ川はここで11メートル下に落ち、さらに21メートル落下してアイスランドのあらゆる滝の女王となり、高原の狭い峡谷に沿ってさらに流れ続けます。 この地域には4~8分おきに定期的に噴火する唯一の間欠泉ストロックル間欠泉もあります。 さらに先へ進むと、ハウカダルール谷で最も古くから知られる間欠泉であるゲイシールに着きます。間欠泉(geyser)という言葉はここから生まれました。

60メートルくらいまでの噴出が見られますが、100メートルを超えることもたびたびあり、活動中の間欠泉の中では一番の高さを誇ります。

Must see places in Reykjavik

Discover our excursions

    アイスランド

    氷河から吹き出す溶岩噴泉
    氷河から吹き出す溶岩噴泉

    アイスランドの旅は、異次元の世界と出会う旅。 想像をはるかに超える、驚きに満ちた島。それがアイスランドです。
     首都のレイキャビクが、活気溢れる芸術と文化の都であることや、 アイスランドの豊かな大自然を育んでいるのが、その穏やかな気候であることはあまり知られていません。夏の気温は意外と温暖で、冬の空がオーロラ(アイスランド語で「ノルズルリョース「北の光」)に彩られる頃は、思いのほか寒さも感じられません。

    煮えたぎる泥の沼、豪快に吹き上げる間欠泉、氷河、そして滝。アイスランドは見どころに溢れています。 ミヴァトン湖畔でゆっくりとバードウォッチングを楽しんだり、世界有数のクジラの観察地であるアイスランド周辺海域でホエールウォッチングツアーに参加されてはいかがでしょう。
    氷河を訪れるなら、ヨークルスアゥルロゥンへ。大西洋に流れ込むブレイザメルクル氷河の先端部に形成されているアイスランド最大の氷河湖です。
    リラックスした休日には、国内に170ヶ所以上ある地熱温泉へ。中でもレイキャビクからおよそ40キロメートルの距離にある雄大な温泉保養地、「ブルーラグーン」は見逃せない名所です。この広大な露天風呂の湯温は37度〜39度。ミネラルを豊富に含み、治癒効果があるとされています。