ダブリン

トリニティ・カレッジとケルズの書
グラフトン・ストリートのショップ
エレガントなパーネル広場

北欧クルーズを検索する

ダブリン

緑豊かで活気あふれるファッショナブルな都市

リフィー川の河口にあるダブリンは、コスモポリタンな雰囲気と国際的なナイトライフが有名な、非常に歴史的な都市です。
MSCの北欧クルーズの寄港地観光は、ダブリンの洗練された魅力に触れ、アングロ・アイルランドの貴族たちが新しいタウンハウスに富を注ぎ込んだ時代の名残であるジョージア様式建築をご覧いただく絶好の機会です。

ダブリンの洗練されたサウスサイドは、リフィー川につながる石畳のテンプルバーを中心にトレンディなバーやレストラン、ショップが集まります。歴史的建造物のほとんどは、トリニティ・カレッジ、グラフトン・ストリートセント・スティーブンズ・グリーン(公園)の周辺に集中しています。 しかし、ダブリンの実際の中心地は、伝統的に労働者階級の人々が住む地域であり、コミュニティが発達しているノースサイドです。

テンプルバー近くの橋の向かい側のオコネル・ストリートの周辺にはショッピング街が広がり、昔ながらのダブリンの雰囲気を感じ取ることができます。 ここでは、優雅な住宅街広場があちこちに見られるほか、美しいパーネル広場の周辺には興味深い博物館文化的見どころが数多くあります。

バイキングは集会の場や墓地を、有名なトリニティ・カレッジのある3つの辺で囲まれた広場、現在のカレッジ・グリーンの付近に定めました。 1592年に創設されたトリニティ・カレッジは、新教徒のアングロ・アイリッシュの伝統の発展に非常に大きな役割を果たしました。1966年まで、カトリック教徒がここで勉強するためには教区の司祭から特別な許可書を受けとらなければなりませんでした。現在では学生のほとんどがカトリック教徒です。

いかめしい灰色と落ち着いた赤色のレンガ造りの建物は石畳の方庭を囲むようにして建てられており、オックスフォード大学やケンブリッジ大学に見られる中庭をより大きくしたような感じです。 トリニティ・カレッジ図書館には数多くのアイルランド語の本が所蔵されています。中でも有名なのは装飾が施された9世紀のケルズの書で、上質な皮紙の上にラテン語で書かれた四福音書が収められています。大文字で書かれた文字がケルト文様や動物の描画で飾られています。

Must see places in Dublin

Discover our excursions

    アイルランド

    「緑の島」アイルランド
    「緑の島」アイルランド

    アイルランドのクルーズは、まさに絵に描いたようなロマンチックな旅。 類まれな豊潤な自然環境と大西洋の暖流による穏やかな気候に恵まれたこの小さな島では、湖と原始的な湿原が織りなす多様性に富んだ風景が、訪れる者に驚きと感動をもたらします。 アイルランド東部には、ウィックロウヒルズの花崗岩の段丘があり、そこから2、3キロメートルほど離れたカラには馬の放牧風景に彩られた広大な平原が広がり、鮮やかなコントラストを描き出します。また、西海岸沿岸にはコネマラ国立公園があり、海岸から山岳部、そして低湿地帯へ、海藻が茂る入江からユリの花に覆われた湖まで、数時間の散策でさまざまな自然の表情を楽しむことができます。

    ダブリン
    はアイルランドの玄関口。豊かな伝統と文化を湛えるエネルギーに満ちたこの近代的な首都は、中世の面影を残す美しい街並み、さまざまなジャンルの作品が展示されるナショナルギャラリー(国立美術館)国立博物館など見どころが満載。

    ダブリンの南へ足を延ばすと、そこには荒涼としたウィックロウ・マウンテンの雄大な風景が広がり、都心の喧騒との鮮やかなコントラストを生み出しています。 アイルランド南沿岸部にはコークの海岸線が続き、複雑に入り組んだ入江や岬に歴史ある港が点在。コークの街はこれらの港をつなぐハブ都市であり、活気溢れる文化の街でもあります。
    また、神秘的なクロンマクノイズやグレンダーロッホ、モナスターボイス、ロック・オブ・カシェルなどの、初期キリスト教時代の石造りの教会や修道院など、見応えのある史跡が数多く存在します。