アムステルダム

趣のある運河とトレンディな店
アンネ・フランクの家
ゴッホ美術館

北欧クルーズ一覧はこちら

アムステルダム

北のヴェネツィア

アムステルダムの決して大きくはない街を見て歩けば、すぐにその魅力に心を奪われます。

MSC北欧クルーズのバケーションで訪れるこのオランダの街はとても居心地が良く、1960年代に起こったリベラルなカウンターカルチャーによって形作られた都会と郊外の雰囲気が程よくブレンドされた独特の雰囲気が訪れる人々を魅了します。 夏の野外で行われるイベントの賑わいや、そのクラブやバーの気さくな雰囲気も魅力のひとつです。そしてオランダの人々の言葉の才能も忘れるわけにはいきません。MSCクルーズでオランダに降り立ってから、アムステルダムで出会うほぼすべての人々が流暢な英語を話しているはずです。 アムステルダムの街は寄港地観光で訪れる価値のある場所です。第二次世界大戦中、アンネと彼女の家族が隠れていたアンネ・フランクの家、特別に建てられたモダンなギャラリーに膨大な作品が展示されているヴァン・ゴッホ美術館、そしてレンブラントの絵画の豊富なコレクションを誇るアムステルダム国立美術館などを訪れてみてはいかがでしょうか。 素晴らしい文化に触れMSCクルーズ客船へと戻る前に、アムステルダムで最も美しい公園、フォンデル公園を散策してみましょう。 オランダでのバケーション中に目にするこの街最大の魅力はなんといっても運河です。グラクテンゴルデルで遊覧船に乗り運河を巡ればその魅力を十分に感じることができます。 また、伝統的なブラウン・カフェから、たくさんのトレンディな店まで、数えきれないほどのバーやクラブ、そしてコーヒーショップで喉を潤すことができます。

Must see places in Amsterdam

Discover our excursions

    Reach the port

    Port of Amsterdam

    This section contains information on how to reach the port.

    Cruise Terminal:

    Amsterdam PTA

    Reach the port by

    • Car

      Exit the A10 Ring Road at junction S114 (Zeeburg, Centrum, Artis, IJburg). Turn left at the end of the exit slip road and continue straight ahead. When you reach the Piet Hein Tunnel, move into in the lane marked Centraal Station. The entrance to the Passenger Terminal Amsterdam is 1 km along the road on the right-hand side.
      Car
    • Train

      Leave Amsterdam Central Station by the North exit (Noord). Once outside the station, turn right and follow the IJ lake until you have crossed the bridge, when you will see the Passenger Terminal Amsterdam on your left. 
      Travel time: A 15-minute walk.
      Train
    • Plane

      Amsterdam Schiphol Airport is just a short journey from the city centre. 
      There is a direct rail connection from the airport to Amsterdam Central Station. 
      Travel time: about 15 minutes. 

      You can also take a taxi outside the airport. 
      Travel time: about 20 minutes depending on traffic.
      Plane

    オランダ

    木靴のふるさと
    木靴のふるさと

    かつて国土の大半が海面下にあったオランダ。地球上で最も近代的かつ人口密度の高い都市のひとつで、数多くの見どころが比較的小さなエリアに集結しています。

    オランダの休暇は、国土の多くを干拓地が占め、その大半が海面下に位置するこの「低い土地」の偉業を体感する旅です。 国土の5分の1は、川や湖などの水面に覆われ、 防波堤がなければ、国の3分の2は常に洪水被害に脅かされることになります。

    オランダでもっとも低い場所は、なんと標高マイナス7メートル。ヨーロッパ一低い地点でもあります。 オランダを訪れるクルーズでは、遮るもののないどこまでも続く空、その下に広がる肥沃な平地、そしてその平地に格子目のように張り巡らされた水路や運河が織りなす雄大な風景に出会えます。一方、オランダの農村地帯では細い運河沿いに茅葺屋根の住宅や教会が立ち並ぶ昔ながらの素朴な街の風景に出会えます。

    国土はさほど広くありませんが、街のひとつひとつ強烈な個性を放ち、それぞれ独自のアイデンティティを持っています。これほど小さなエリアでこんなにたくさんの異なるアクセントやなまりを聞けるのは、世界でもオランダだけかもしれません。

    春から夏にかけて、球根栽培地域の花々は見どころを迎え、この地域を鮮やかな色彩に染め上げます。オランダ西部と北部の北海沿岸は、どこまでも続く砂丘が天然の防波堤を形成し、雄大なビーチが広がります。