オーレスン

おとぎ話の世界の町
アクスラ山からの美しい眺め
ゴドイ島とアルネス村

北欧クルーズ一覧はこちら

オーレスン

アール・ヌーヴォーに触れる

MSC北欧クルーズでオーレスンを訪れることは、おとぎ話の世界へと足を踏み入れるということです。 20世紀初頭に壊滅的な被害をもたらした火災の後、街はアールヌーボー様式に再建されました。
オーレスンの通りにはタレット、尖塔、華麗な装飾が溢れ、街を本当に個性的なものにしています。この様式に興味があるならば、国立アールヌーボーセンターを訪れてみましょう。 418段の階段を登りアクスラ山の山頂へと向かうと、オーレンスの街の中心部や、街の周辺、そしてスンムラアルプスの眺めを楽しむことができます。 また、MSCクルーズ客船が停泊している港の上、ヘッサから歩いてスーケートッペン山「砂糖の山」へと向かうこともできます。

伝統的な建築様式をじっくりと見たい方は、ゴドイ島がおすすめです。浜辺近くの美しい漁村アルネスの広場では、現地の工芸品や食べ物が売られています。 美しい海の景色を楽しめる灯台へと向かう寄港地観光もおすすめできます。 フィヨルドを訪れなければ、MSCクルーズでノルウェーを訪問したとは決して言えません。ガイランゲルフィヨルドへの寄港地観光はお見逃のないように。 周囲の高い山から流れ落ちるBrudesløret(花嫁のベール)、De syv søstrene(7人の姉妹)、また、Storseterfossen(ストルセター滝)などの大きな滝では滝の裏側を歩くことができます。 もっと険しい山道がお好みなら、11カ所のヘアピンカーブを蛇行しながら海抜620メートルまで登るØrnevegen(鷹の道)をお楽しみいただけます。

Must see places in Alesund

Discover our excursions

    ノルウェー

    オーロラの魔法
    オーロラの魔法

    ノルウェーで過ごす夢のような休暇。 ノルウェーを象徴する大自然の造形美、フィヨルドを巡る夢の旅へ。

    ユネスコ世界遺産の自然遺産として登録されているガイランゲルフィヨルドネーロイフィヨルドをはじめ、全長204キロメートルを誇るヨーロッパ最長のソグネフィヨルド、春になると山の斜面がさくらんぼうやリンゴの果樹の花々に彩られるハダンゲルフィヨルドも、見逃せない絶景スポットです。

    MSCクルーズの北欧クルーズでは、また、オーロラが織りなす感動的な自然美を鑑賞。夏季には、北極圏ならではの神秘的な白夜を体験します。 ノルウェーでは、2つの古代文明、ヴァイキングサーミの足跡をたどるのも、旅の醍醐味のひとつ。ヴァイキングは単なる海賊や戦い好きの部族ではありませんでした。彼らは商人、探検家かつ植民地開拓者であり、11世紀まで300年以上にわたりスカンジナビア半島と北大西洋地域を統治していました。一方、サーミの人々はこの地方の先住民族で、カラフルな民族衣装(コルト)を身にまとい、大規模なトナカイの遊牧を行いながら、1万年以上にわたり北欧の奥地で生活を営んできました。

    旅の間は、トロル(トロール)にご注意! 北欧クルーズでは、このノルウェーの伝承に登場する妖精にちなんで名付けられた場所をいくつも訪問します: トロルヘイム(トロルの家)山地、トロルスティーゲン(「トロルのはしご」という意味の美しい山岳道路)、トロルヘッタン(トロルのボンネット)、トロールヴェゲン(トロルの壁)など。