ベルゲン

世界遺産ブリッゲン
ホーコン王の館、ローゼンクランツの塔
フロイエンケーブルカー

北欧クルーズ一覧はこちら

ベルゲン

徒歩で巡る驚きの街

ベルゲンにおける海事の歴史は長く、MSC北欧クルーズはその歴史を感じさせる街の港に錨を下ろします。 寄港地観光では、ハンザ地区を訪れることができます。

この地区にはブリッゲンドック沿いに、ベルゲンで最も古い建物が並び、街の中でも最も賑やかで活気のある場所です。 ユネスコ世界遺産にも登録されているこの地区の、古い港の建物や、狭く暗い路地は、この国で最も良く保存されている中世の地区の一つとして訪れる人々の目を楽しませてくれます。 MSCクルーズで訪れるノルウェーでのバケーションでは、この魅力的な場所を是非訪れてください。

ハンザ博物館とショートスチューエネでは、この街をさらに良く知ることができます。 ホーコン王の館は、14世紀半ばホーコン・ホーコンソン王により建てられ、隣接するローゼンクランツの塔(1270年)は、今でも中世ハンザ同盟の力を誇示しています。 フロイエン山の山頂へと連れて行ってくれるフロイエンケーブルカーに乗れば、この街のすべてを上から眺めることができます。下りは歩いてみるのもおすすめです。素敵な風景をの中を下ると、そこは活気溢れる魚市場です。 丘の斜面の、ベルゲン特有の狭く長い路地smau沿いに建てられた木造の家の間を歩くことができます。

1150年に建てられ、1882年にベルゲンに移築された、当時の様子を残す木造のファントフト教会も訪れてみてください。 小ルンゲゴース湖の湖畔には、多くのギャラリーと、エドヴァルド・ムンクの絵画コレクションをもつ美術館があります。 トロルハウゲンには、ノルウェーで最も有名な作曲家、エドヴァルド・グリーグの家を使った博物館があります。グリーグは、ノルダス湖のほとりに建つこの小さなコテージで作曲活動をしながら暮らしていました。

Must see places in Bergen

Discover our excursions

    ノルウェー

    オーロラの魔法
    オーロラの魔法

    ノルウェーで過ごす夢のような休暇。 ノルウェーを象徴する大自然の造形美、フィヨルドを巡る夢の旅へ。

    ユネスコ世界遺産の自然遺産として登録されているガイランゲルフィヨルドネーロイフィヨルドをはじめ、全長204キロメートルを誇るヨーロッパ最長のソグネフィヨルド、春になると山の斜面がさくらんぼうやリンゴの果樹の花々に彩られるハダンゲルフィヨルドも、見逃せない絶景スポットです。

    MSCクルーズの北欧クルーズでは、また、オーロラが織りなす感動的な自然美を鑑賞。夏季には、北極圏ならではの神秘的な白夜を体験します。 ノルウェーでは、2つの古代文明、ヴァイキングサーミの足跡をたどるのも、旅の醍醐味のひとつ。ヴァイキングは単なる海賊や戦い好きの部族ではありませんでした。彼らは商人、探検家かつ植民地開拓者であり、11世紀まで300年以上にわたりスカンジナビア半島と北大西洋地域を統治していました。一方、サーミの人々はこの地方の先住民族で、カラフルな民族衣装(コルト)を身にまとい、大規模なトナカイの遊牧を行いながら、1万年以上にわたり北欧の奥地で生活を営んできました。

    旅の間は、トロル(トロール)にご注意! 北欧クルーズでは、このノルウェーの伝承に登場する妖精にちなんで名付けられた場所をいくつも訪問します: トロルヘイム(トロルの家)山地、トロルスティーゲン(「トロルのはしご」という意味の美しい山岳道路)、トロルヘッタン(トロルのボンネット)、トロールヴェゲン(トロルの壁)など。