ホニングスボーグ

ヨーロッパ最北端の街
ノース岬、ノールカップだけの体験
虹色の雲と真夜中の太陽

北欧クルーズ一覧はこちら

Honningsvag/North Cape

地球の果ての先

MSCクルーズで、ヨーロッパ大陸の最北端の地、ノルウェーのノールカップにあるノース岬を訪れる体験は、経験豊富な旅行者をも感動させるものです。
ホニングスヴォーグに客船が錨を下ろすと、5月中旬から7月にかけては1日24時間太陽に照らされた常に虹色の雲が空を覆う、信じられないような光景を目にすることになります。
世界の果てのほんの手前の、大陸の端という特別な土地にいることを感じずにはいられません。 この厳しい土地に住む漁師の生き様を知るために、ホニングスヴォーグ博物館を訪れてみましょう。日常の生活用品だけでなく、第二次世界大戦がこの土地に与えた影響を説明するコーナーもあります。 MSC北欧クルーズでは、ノールカップへの寄港地観光を忘れるわけにはいきません。ここでは、バレンツ海と北極海に向かって5億年前からそびえたつ307メートルの高さの崖から、真夜中の太陽を眺めることができます。

ヨーロッパ最北端記念碑のすぐ近くに建つノールカップホールというビジターセンターでは、この地域の美しさを紹介する展示会やドキュメンタリーの上映を行っています。 また、カフェ、レストランや郵便局、世界最北端の教会、聖ヨハネス教会などもあります。 非常に高い緯度にもかかわらず、夏の平均気温が7度未満になることはありません。 自然が支配するフィンマルク西部でのツアーでは、この地方の美しさと地元の動植物をお楽しみいただけます。 ツノメドリ、カツオドリ、鵜などの海鳥を見ることができるイェスヴァールは、ノールカップからすぐの距離にあります。

Must see places in Honningsvag

Discover our excursions

    ノルウェー

    オーロラの魔法
    オーロラの魔法

    ノルウェーで過ごす夢のような休暇。 ノルウェーを象徴する大自然の造形美、フィヨルドを巡る夢の旅へ。

    ユネスコ世界遺産の自然遺産として登録されているガイランゲルフィヨルドネーロイフィヨルドをはじめ、全長204キロメートルを誇るヨーロッパ最長のソグネフィヨルド、春になると山の斜面がさくらんぼうやリンゴの果樹の花々に彩られるハダンゲルフィヨルドも、見逃せない絶景スポットです。

    MSCクルーズの北欧クルーズでは、また、オーロラが織りなす感動的な自然美を鑑賞。夏季には、北極圏ならではの神秘的な白夜を体験します。 ノルウェーでは、2つの古代文明、ヴァイキングサーミの足跡をたどるのも、旅の醍醐味のひとつ。ヴァイキングは単なる海賊や戦い好きの部族ではありませんでした。彼らは商人、探検家かつ植民地開拓者であり、11世紀まで300年以上にわたりスカンジナビア半島と北大西洋地域を統治していました。一方、サーミの人々はこの地方の先住民族で、カラフルな民族衣装(コルト)を身にまとい、大規模なトナカイの遊牧を行いながら、1万年以上にわたり北欧の奥地で生活を営んできました。

    旅の間は、トロル(トロール)にご注意! 北欧クルーズでは、このノルウェーの伝承に登場する妖精にちなんで名付けられた場所をいくつも訪問します: トロルヘイム(トロルの家)山地、トロルスティーゲン(「トロルのはしご」という意味の美しい山岳道路)、トロルヘッタン(トロルのボンネット)、トロールヴェゲン(トロルの壁)など。