ロングイェールビーン

素敵な雰囲気のシウダービエハ
放棄された炭鉱とホッキョクグマ
スヴァールバル博物館

北欧クルーズ一覧はこちら

Longyearbyen/Spitsbergen

人里離れた、もてなしの村

スヴァールバル諸島は、北欧の中でも最北の地です。 MSCクルーズで訪れるロングイェールビーンの町は、世界最北の自治体です。 小さいながらも充実したこの街のギャラリーでは、古地図や古書、そして写真家であり作曲家のThomas Widerbergのスライド、そしてKåre Tveterの絵画が展示されています。

豊富であった石炭の採掘のためにできたロングイェールビーンの町では、放棄された炭鉱をしばしば目にします。 石炭を運搬するためのケーブルカーを支えていた鉄塔も、この土地で行われていた炭鉱採掘の名残です。 スヴァールバル博物館では、往時の炭鉱の様子を伝える展示や、地域の植物や生き物、島々で行われていた狩りの方法などを紹介しています。この地の男性は、今も島の王者として野生に生息するホッキョクグマと競わなければなりませんでした(自然を訪れるすべての寄港地観光は、地元の安全に関する指示に従っています)。 この最北の町にあるスヴァールバル世界種子貯蔵庫は、核攻撃に備えた地下壕として、あらゆる既知の種子が分類され保管されています。 ロングイェールビーンでは、多くの場所でのんびりと飲み物を楽しめますが、ユニークなものをお探しなら、ハンティングロッジでの食事がおすすめです。

 お楽しみいただける寄港地観光の数は、戸惑われるほどご用意しています。 海鳥の観察をしたり、カヤックでフィヨルドを彷徨いながらアザラシを探したり、犬ぞり(雪の上でも車輪付きのものでも)に乗ってみるなど、お好きなものを選ぶことができます。 サコファゲン山の頂上を目指しロングヤービーエンとそのフィヨルドの素晴らしい景色を楽しめるコースもあります。

Must see places in Longyearbyen

Discover our excursions

    ノルウェー

    オーロラの魔法
    オーロラの魔法

    ノルウェーで過ごす夢のような休暇。 ノルウェーを象徴する大自然の造形美、フィヨルドを巡る夢の旅へ。

    ユネスコ世界遺産の自然遺産として登録されているガイランゲルフィヨルドネーロイフィヨルドをはじめ、全長204キロメートルを誇るヨーロッパ最長のソグネフィヨルド、春になると山の斜面がさくらんぼうやリンゴの果樹の花々に彩られるハダンゲルフィヨルドも、見逃せない絶景スポットです。

    MSCクルーズの北欧クルーズでは、また、オーロラが織りなす感動的な自然美を鑑賞。夏季には、北極圏ならではの神秘的な白夜を体験します。 ノルウェーでは、2つの古代文明、ヴァイキングサーミの足跡をたどるのも、旅の醍醐味のひとつ。ヴァイキングは単なる海賊や戦い好きの部族ではありませんでした。彼らは商人、探検家かつ植民地開拓者であり、11世紀まで300年以上にわたりスカンジナビア半島と北大西洋地域を統治していました。一方、サーミの人々はこの地方の先住民族で、カラフルな民族衣装(コルト)を身にまとい、大規模なトナカイの遊牧を行いながら、1万年以上にわたり北欧の奥地で生活を営んできました。

    旅の間は、トロル(トロール)にご注意! 北欧クルーズでは、このノルウェーの伝承に登場する妖精にちなんで名付けられた場所をいくつも訪問します: トロルヘイム(トロルの家)山地、トロルスティーゲン(「トロルのはしご」という意味の美しい山岳道路)、トロルヘッタン(トロルのボンネット)、トロールヴェゲン(トロルの壁)など。