スタバンゲル

街でのショッピング
ノルウェー随一の博物館
プレーケストーレン(巨大な一枚岩の崖)

北欧クルーズ一覧はこちら

Stavanger/Lysefijord

海に面した快適な土地

MSCクルーズで訪れる魅力的で友好的な街スタヴァンゲルには、さまざまなアクティビティが待っています。 街の中心部には多くの店が軒を連ね、狭い通りを丘へと登ると、素敵な大聖堂があります。
 
クルーズ客船が錨を下ろす海に面した街の旧市街を散策してみましょう。 スタヴァンゲルでは、博物館も楽しみのひとつです。 中でも興味深いのは、石油博物館、缶詰博物館、ローガラン美術館、子ども博物館などです。 また、スタヴァンゲル中心部周辺にある彫刻家アントニー・ゴームリーの「ブロークンコラム」の23の鉄の像を見て回るのもおすすめです。

ハヴルスフィヨルドでは、872年のバイキングの戦いにおけるハラルド1世が率いた軍の勝利を祝う記念碑である岩に突き刺さる3本の剣を探してみましょう。近くには、2009年に「ノルウェーの最高の博物館」に選ばれたJærmuseet科学センターがあります。 スタヴァンゲル地域は、最も有名なリーセフィヨルドなどのフィヨルドで知られていることも覚えておいてください。 42キロメートルの海岸沿いの絶壁は、およそ1,000メートルの高さで垂直にそびえ立ち、この狭い入江の水深も1,000メートルほどあります。

海での寄港地観光は、思い出に残るものとなることでしょう。 ここからは、ノルウェーで最も有名な観光スポットであるプレーケストーレン(演説台)という、フィヨルド上に600メートルの高さでそびえるむき出しの一枚岩を眺めることができます。 車道から1時間半ほど歩くと、自然の生み出したこの見事な岩の造形にたどり着くことができます。 もう一つの見どころは、リーセフィヨルドを見下ろす海抜1,100メートルのイェラグ山の、海に向かい垂直に切れ落ちた北壁です。 その山頂部の少し下、約980メートルの辺りに自然が作り出した傑作、シェラーグボルテンという巨大な岩が、2つの岩壁の間に挟まっています。 寄港地観光は1日を要しますが、その素晴らしい光景には訪れる価値があります。

Must see places in Stavanger

Discover our excursions

    ノルウェー

    オーロラの魔法
    オーロラの魔法

    ノルウェーで過ごす夢のような休暇。 ノルウェーを象徴する大自然の造形美、フィヨルドを巡る夢の旅へ。

    ユネスコ世界遺産の自然遺産として登録されているガイランゲルフィヨルドネーロイフィヨルドをはじめ、全長204キロメートルを誇るヨーロッパ最長のソグネフィヨルド、春になると山の斜面がさくらんぼうやリンゴの果樹の花々に彩られるハダンゲルフィヨルドも、見逃せない絶景スポットです。

    MSCクルーズの北欧クルーズでは、また、オーロラが織りなす感動的な自然美を鑑賞。夏季には、北極圏ならではの神秘的な白夜を体験します。 ノルウェーでは、2つの古代文明、ヴァイキングサーミの足跡をたどるのも、旅の醍醐味のひとつ。ヴァイキングは単なる海賊や戦い好きの部族ではありませんでした。彼らは商人、探検家かつ植民地開拓者であり、11世紀まで300年以上にわたりスカンジナビア半島と北大西洋地域を統治していました。一方、サーミの人々はこの地方の先住民族で、カラフルな民族衣装(コルト)を身にまとい、大規模なトナカイの遊牧を行いながら、1万年以上にわたり北欧の奥地で生活を営んできました。

    旅の間は、トロル(トロール)にご注意! 北欧クルーズでは、このノルウェーの伝承に登場する妖精にちなんで名付けられた場所をいくつも訪問します: トロルヘイム(トロルの家)山地、トロルスティーゲン(「トロルのはしご」という意味の美しい山岳道路)、トロルヘッタン(トロルのボンネット)、トロールヴェゲン(トロルの壁)など。