トロムソ

北極の大聖堂
北極水族館ポラリア
木造の市内中心部

北欧クルーズ一覧はこちら

トロムソ

ブルーポピーの街

MSCクルーズのノルウェーバケーションでは、港から4キロほど離れた、トロムソの中心部、木造建築物の建ち並ぶトロンハイム北部を訪れましょう。
 
MSC北欧クルーズで、最初に訪れることができる場所の一つがポラリアです。 この水族館では、1日2回、ヒゲを生やしたおとなしいアザラシへの餌やりを見学したり、バレンツ海やスバールバル諸島に生息する多くの種類の魚を鑑賞することができます。 トロムソの中で最も立派な建物は1965年に建てられた北極大聖堂であることは間違いありません。

その三角形とガラスのモザイクを組み合わせたデザインは、ノルウェーの自然を表わしています。 MSC北欧クルーズのもう一つの寄港地観光では、フィエルハイセンロープウェイで420メートル登ったストールスタイネン山頂からの街とその周囲の美しい風景を楽しみます。 世界最北の植物園では、ヒマラヤのブルーポピーなど、気候が適さない他の場所では生育しない植物を見ることができます。 トロムソには世界最北の大学もあり、特にサミ族、考古学、宗教芸術、地質学、そしてオーロラ現象など、ノルウェー北部の文化や環境に関する展示を見ることができる博物館があります。

また、北極圏博物館では、北極探検家の過酷な生活の様子を展示しています。 この博物館は、1830年に建てられた古いドックの建物の中にあります。 美味しいビールが好きな方には、1928年以来変わらないウルハーレンのようなパブがおすすめです。 リングセイデの村に美しい木造の教会があるリンゲンも見逃せません。

Must see places in Tromso

Discover our excursions

    ノルウェー

    オーロラの魔法
    オーロラの魔法

    ノルウェーで過ごす夢のような休暇。 ノルウェーを象徴する大自然の造形美、フィヨルドを巡る夢の旅へ。

    ユネスコ世界遺産の自然遺産として登録されているガイランゲルフィヨルドネーロイフィヨルドをはじめ、全長204キロメートルを誇るヨーロッパ最長のソグネフィヨルド、春になると山の斜面がさくらんぼうやリンゴの果樹の花々に彩られるハダンゲルフィヨルドも、見逃せない絶景スポットです。

    MSCクルーズの北欧クルーズでは、また、オーロラが織りなす感動的な自然美を鑑賞。夏季には、北極圏ならではの神秘的な白夜を体験します。 ノルウェーでは、2つの古代文明、ヴァイキングサーミの足跡をたどるのも、旅の醍醐味のひとつ。ヴァイキングは単なる海賊や戦い好きの部族ではありませんでした。彼らは商人、探検家かつ植民地開拓者であり、11世紀まで300年以上にわたりスカンジナビア半島と北大西洋地域を統治していました。一方、サーミの人々はこの地方の先住民族で、カラフルな民族衣装(コルト)を身にまとい、大規模なトナカイの遊牧を行いながら、1万年以上にわたり北欧の奥地で生活を営んできました。

    旅の間は、トロル(トロール)にご注意! 北欧クルーズでは、このノルウェーの伝承に登場する妖精にちなんで名付けられた場所をいくつも訪問します: トロルヘイム(トロルの家)山地、トロルスティーゲン(「トロルのはしご」という意味の美しい山岳道路)、トロルヘッタン(トロルのボンネット)、トロールヴェゲン(トロルの壁)など。