トロンハイム

印象的なニーダロス大聖堂
旧市街の橋
世界遺産ブリッゲン

北欧クルーズ一覧はこちら

トロンハイム

フィヨルドのほとり

トロンハイムは、ノルウェー人のキリスト教への改宗を推し進めたバイキングの王オーラヴ1世により設立され、その後200年以上にわたり王国最初の首都でした。

トロンハイムの名はこの街がある海岸のフィヨルドに由来します。 MSC北欧クルーズでは、この街の中世の中心部の遺跡を訪れ、はつらつとした大学生活を目にすることができます。 12世紀に建てられた壮麗なニーダロス大聖堂は、中世を通して巡礼の地でした。 印象的なブルーグレーの石を用いて作られたゴシック様式の建物で、メインのファサードは繊細な装飾が施され、両サイドは2つの立派な鐘楼によって「守られ」ています。 現在目にする姿は、100年に渡る念入りな修復の末、1970年に完成したものです。

渡ると幸せになれるという言い伝えのある「跳ね橋(旧市街橋)」は、素晴らしい風景を楽しめる丘の上のクリスチャン要塞への入り口です。 橋の上からは、18世紀から19世紀にかけてニデルバ川の土手沿いに建てられたカラフルな倉庫群、ブリッゲンも見えます。 音楽歴史博物館の常設展示で見ることができる世界中の音楽と楽器は、とても興味深いものです。 この展示では、ピアノの歴史だけではなく、ロックやポップスなど現代の音楽ジャンルの歴史も知ることができます。 年中無休の博物館付属植物園も素晴らしいものです。

薬草、観賞用の花、常緑樹など、2,000種類もの植物があるといいます。 シートに座ったまま街中の見所や、青い海に面したカラフルな建物を見て回ることができるバスツアーもおすすめです。

Must see places in Trondheim

Discover our excursions

    ノルウェー

    オーロラの魔法
    オーロラの魔法

    ノルウェーで過ごす夢のような休暇。 ノルウェーを象徴する大自然の造形美、フィヨルドを巡る夢の旅へ。

    ユネスコ世界遺産の自然遺産として登録されているガイランゲルフィヨルドネーロイフィヨルドをはじめ、全長204キロメートルを誇るヨーロッパ最長のソグネフィヨルド、春になると山の斜面がさくらんぼうやリンゴの果樹の花々に彩られるハダンゲルフィヨルドも、見逃せない絶景スポットです。

    MSCクルーズの北欧クルーズでは、また、オーロラが織りなす感動的な自然美を鑑賞。夏季には、北極圏ならではの神秘的な白夜を体験します。 ノルウェーでは、2つの古代文明、ヴァイキングサーミの足跡をたどるのも、旅の醍醐味のひとつ。ヴァイキングは単なる海賊や戦い好きの部族ではありませんでした。彼らは商人、探検家かつ植民地開拓者であり、11世紀まで300年以上にわたりスカンジナビア半島と北大西洋地域を統治していました。一方、サーミの人々はこの地方の先住民族で、カラフルな民族衣装(コルト)を身にまとい、大規模なトナカイの遊牧を行いながら、1万年以上にわたり北欧の奥地で生活を営んできました。

    旅の間は、トロル(トロール)にご注意! 北欧クルーズでは、このノルウェーの伝承に登場する妖精にちなんで名付けられた場所をいくつも訪問します: トロルヘイム(トロルの家)山地、トロルスティーゲン(「トロルのはしご」という意味の美しい山岳道路)、トロルヘッタン(トロルのボンネット)、トロールヴェゲン(トロルの壁)など。