サンクトペテルブルク

バルト海の伝説の港
ネフスキー大通り
エルミタージュ美術館と冬宮殿

北欧クルーズ一覧はこちら

サンクトペテルブルク

皇帝の宮廷で

サンクトペテルブルクは、MSCクルーズのバルト海クルーズの寄港地です。
 
ロシア帝国の洗練された首都であり、1917年の共産革命の発祥地、そして第二次世界大戦中の3年間のナチスによる包囲に勇敢に耐えたロシア禁欲主義の象徴です。現在のサンクトペテルブルグは、その昔の壮大さや魅力を損なうことなく、ゆっくりと現代へと移行し、豪華な宮殿の横にショッピングモールが存在しています。

MSCクルーズ客船が訪れる地は、ロシア全土で最も美しい場所かもしれません。 MSC北欧クルーズでは、ネヴァ川の南岸、湾曲するフォンタンカ川がその南の境界線を示すサンクトペテルブルクの中心部への寄港地観光をお楽しみいただけます。 フォンタンカ川の内側のエリアは、ネヴァ川の南岸にある海軍本部の黄金の尖塔を中心とした扇状に通りが広がっています。

市内の人気観光スポットの多くは、アレクサンドル・ネフスキー修道院から宮殿広場まで、過去3世紀に渡り街の根幹であるネフスキー大通りの周辺にあります。 ネヴァ川のほとりに位置する、バロック様式の冬宮殿は全長200メートルと市内で最大かつ最も豪華な建築物であり、1917年の革命までは皇帝が住み、廷臣、そして1,500人の使用人が行き交う公邸でした。 現在は、1852年にロシア最初の公共美術館としてオープンした、世界で最も素晴らしい美術館の一つ、エルミタージュ美術館があります。 エルミタージュ美術館のコレクションには、古代スキタイの金細工や巨大なマラカイトの壷から、キュビズムの作品まで、300万点を超える宝物や芸術作品が含まれています。 精巧な装飾が施された謁見室と金細工のコレクションの次には、19世紀と20世紀から現代のヨーロッパの芸術を鑑賞することができる最も人気のある展示エリアがあります。

Must see places in St. Petersburg

Discover our excursions

    ロシア

    偉大なる力
    偉大なる力

    ヨーロッパロシアは、西のベラルーシウクライナの国境から、モスクワの東部1000キロの距離にあるウラル山脈までを占め、ロシア連邦全体の面積を入れなくとも、ヨーロッパロシアだけでヨーロッパ最大の国を形成しています。

    かつて偉大なる権力を誇ったロシア帝国、そして共産主義の超大国であったロシア。この国は現在も旅人の心を掴んで離しません。活気溢れる首都モスクワは、東欧の熱狂的なエネルギーと西欧の国際色豊かな雰囲気を兼ね備えています。 


    モスクワは交通量が多いことと、華やかな建築物で知られています。帝政時代に建てられたクレムリン大宮殿や玉ねぎ型のドームが特徴の聖ワシリイ大聖堂をはじめ、共産主義時代の記念碑や現代の大型建設プロジェクトなど、この国際都市はどちらかというと見どころに溢れすぎています。 


    一方、モスクワとよく対比されるのが、ロシア第二の都市であるサンクトペテルブルクです。美しい運河や優美な建物に彩られたこの港湾都市は「北欧のヴェネツィア」という異名を持っています。 


    ロシアの旅は、18世紀にピョートル1世がヨーロッパの気品溢れる街並みをロシアに再現するため建設した、この美しい港町を訪れるまたとない機会です。 

    サンクトペテルブルクの人々は、モスクワの人々よりも穏やかでフレンドリー。ネバ川河口の三角州に位置し、見渡す限り水面の広がる独特の風景を生み出しています。