インバーゴードン

ヨーロッパの大自然
インヴァネス博物館・美術館
ネス湖の謎の生物

北欧クルーズ一覧はこちら

インバーゴードン

真実と伝説

MSCクルーズ客船からインバーゴドンへと足を踏み出せば、スコットランド北部の3分の2を占め、本島の最も壮観な風景の多くがあるスコットランド北西部のハイランド地方に魅了されることでしょう。
この土地が、人里離れていることにも驚かされるかもしれません。例えば、北にある広大な泥炭地は、ヨーロッパで最も広い手付かずの原野であり、西岸の孤立した農村の幾つかには、今でも船でしか近づくことができません。

この地方で唯一の都市であるインヴァネスは、三方を入り組んだ岩場の多い海岸線に囲まれ、美しい山々、渓谷、湖、川というハイランドならではの大自然への入り口となります。 インヴァネス城は公開されていませんが、インヴァネス博物館・美術館ではピクト人とヴァイキングの時代からの展示物により、ハイランドの社会、歴史を深く知ることができます。 MSC北欧クルーズの寄港地観光では、ネス湖を訪れることもできます。

全長23マイルと細長く、計測できないほど深く冷たい水をたたえた、時に陰鬱な表情を見せるネス湖は、木々の茂る湖畔から、急な傾斜で立ち上がる岩だらけのヒースに覆われた山肌と接し、その両端は渓谷となっています。 その名前が有名になったのは、伝説的な住人「ネス湖の怪獣」ネッシーによるもので、湖沿いに点在する集落、特にドラムナドロヒトには、ネッシー目当てに訪れる観光客が後を絶ちません。 この謎の生き物に関する最初に記録は、聖アダムナンが7世紀に著した聖コルンバの伝記で、聖コルンバが修道士の一人を襲った水中生物を大人しくさせたと記されています。 湖畔近くの岩場の上には、怪獣見物スポットとして人気があるアーカート城の印象的な遺跡があります。

Must see places in Invergordon

Discover our excursions

    イギリス

    神よ女王を護りたまえ
    神よ女王を護りたまえ

    イギリス、つまり グレートブリテン及び北アイルランド連合王国は、イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成される多文化、多民族国家です。 例えば、スコットランド人やウェールズ人をイングリッシュ(イングランド人)と呼ぶのはタブーです。


    真のロンドンを体験せずに、イギリス旅行は語れません。このイギリスの首都は誰もが必ず訪れる人気の寄港地です。 

    活気溢れるビーチリゾートのブライトン、そしてイギリスで最も美しい中世の街並みが残るカンタベリーなど、それぞれの街が個性豊かな表情を見せてくれます。 


    イングランドの南西部の見どころは、荒涼とした岩だらけのムーアランド(荒野)が広がるデヴォン州、岩だらけの海岸線が続くコーンウォール、歴史の薫り漂う温泉の街バース。イングランド中部では、大学の街、オックスフォードやケンブリッジが主な人気観光地です。 

    北上すると、かつての工業都市マンチェスターやリバプールニューキャッスルがあります。これらの都市は、現在では、街の活性化が進み活気を取り戻しています。ヨークは美しい中世の街並みが残る歴史の宝庫。大自然を満喫するなら、イングランド北西部に広がるイギリス屈指の景勝地、湖水地方を訪れましょう。 


    スコットランドの魅力は、渓谷や山頂、湖が織りなす自然美と西海岸に浮かぶ島々の雄大な風景グラスゴーエディンバライギリスで最も魅力的な街として知られています)から気軽にお出かけいただけます。 そして最後に、イギリスの旅のフィナーレを飾るのは、北アイルランド。首府ベルファストと壮大なジャイアンツ・コーズウェーを訪れます。