Liverpool

The Beatles’ homeland
The Greek Revival St George’s Hall
The Museum of Liverpool

Find Northern Europe Cruises

Liverpool

Following the Fab Four

An MSC Northern Europe cruise to England is the perfect opportunity to discover the dynamic, exciting port of Liverpool: it’s a vibrant city with a Tate Gallery of its own, a series of innovative museums and a fascinating social history.
 
And of course it also makes great play of its musical heritage – as well it should, considering that this is the place that gave the world The Beatles. The main sights are scattered throughout the centre of town, but you can easily walk between most of them.

If you want a cathedral, they’ve “got one to spare” as the song goes; plus there’s a fine showing of British art in the celebrated Walker Art Gallery and Tate Liverpool, and a multitude of exhibits in the terrific World Museum Liverpool. When you step ashore from your MSC cruise, you can’t miss St George’s Hall, one of Britain’s finest Greek Revival buildings and a testament to the wealth generated from transatlantic trade.

Now primarily an exhibition venue, but once Liverpool’s premier concert hall and crown court, its vaulted Great Hall features a floor paved with thirty thousand precious Minton tiles (usually covered over), while the Willis organ is the third largest in Europe. Huge and flashy, in a show-stopping Danish-designed building, the Museum of Liverpool opened in 2011. Spread over three floors, the galleries play on Liverpool’s historic status as the “second city of Empire”, exploring the complex political and life histories that have unfolded in a community whose wealth and social fabric were built on international trade.

Dominating the waterfront are the so-called Three Graces – namely the Port of Liverpool Building (1907), Cunard Building (1913) and, most prominently, the 322ft-high Royal Liver Building (1910), topped by the “Liver Birds”, a couple of cormorants that have become the symbol of the city.

Must see place in Liverpool

Discover our excursions

    申し訳ございません。選択された寄港地の観光ツアー情報が見つかりませんでした。

イギリス

神よ女王を護りたまえ
神よ女王を護りたまえ

イギリス、つまり グレートブリテン及び北アイルランド連合王国は、イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成される多文化、多民族国家です。 例えば、スコットランド人やウェールズ人をイングリッシュ(イングランド人)と呼ぶのはタブーです。


真のロンドンを体験せずに、イギリス旅行は語れません。このイギリスの首都は誰もが必ず訪れる人気の寄港地です。 

活気溢れるビーチリゾートのブライトン、そしてイギリスで最も美しい中世の街並みが残るカンタベリーなど、それぞれの街が個性豊かな表情を見せてくれます。 


イングランドの南西部の見どころは、荒涼とした岩だらけのムーアランド(荒野)が広がるデヴォン州、岩だらけの海岸線が続くコーンウォール、歴史の薫り漂う温泉の街バース。イングランド中部では、大学の街、オックスフォードやケンブリッジが主な人気観光地です。 

北上すると、かつての工業都市マンチェスターやリバプールニューキャッスルがあります。これらの都市は、現在では、街の活性化が進み活気を取り戻しています。ヨークは美しい中世の街並みが残る歴史の宝庫。大自然を満喫するなら、イングランド北西部に広がるイギリス屈指の景勝地、湖水地方を訪れましょう。 


スコットランドの魅力は、渓谷や山頂、湖が織りなす自然美と西海岸に浮かぶ島々の雄大な風景グラスゴーエディンバライギリスで最も魅力的な街として知られています)から気軽にお出かけいただけます。 そして最後に、イギリスの旅のフィナーレを飾るのは、北アイルランド。首府ベルファストと壮大なジャイアンツ・コーズウェーを訪れます。