South Queensferry

The mighty Forth Bridges
An attractive old port
Edinburgh’s Old Town

Find Northern Europe Cruises

South Queensferry/Edinburgh

The undisputed charm of the Scottish capital

Eight miles north-west of Edinburgh city centre is the small town of South Queensferry, located at the southern end of the two mighty Forth Bridges.
 
When you are cruising the North Sea with MSC Cruises, South Queensferry will be your port of call. It’s an attractive old settlement, with a narrow, cobbled High Street lined with tightly packed buildings, most of which date from the seventeenth and eighteenth centuries.

Moreover, a shore excursion on your MSC Northern Europe cruise can be the opportunity to discover the Scottish capital, Edinburgh, a far more handsome city than London; it’s famous for its magnificent setting, majestic castle and ancient royal quarter of Holyrood, not to mention an acclaimed international arts festival and some excellent museums. Edinburgh’s Old Town, although only about a mile long and 400 yards wide, represented the total extent of the twin burghs of Edinburgh and Canongate for the first 650 years of their existence, and its general appearance and character remain indubitably medieval.

Containing the majority of the city’s most famous tourist sights, the Old Town is compact enough to explore in a single day, though a thorough visit requires a bit longer. The history of Edinburgh, and indeed of Scotland, is indissolubly bound up with its castle, which dominates the city from its lofty seat atop an extinct volcanic rock. The disparate styles of the fortifications reflect the change in its role from defensive citadel to national monument, and today, as well as attracting more visitors than anywhere else in the country, the castle is still a military barracks and home to Scotland’s Crown Jewels.

The oldest surviving part of the complex is from the twelfth century, while the most recent additions date back to the 1920s.

Must see places in South Queensferry

Discover our excursions

条件に合う情報が見つかりませんでした。

    申し訳ございません。選択された寄港地の観光ツアー情報が見つかりませんでした。

イギリス

神よ女王を護りたまえ
神よ女王を護りたまえ

イギリス、つまり グレートブリテン及び北アイルランド連合王国は、イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成される多文化、多民族国家です。 例えば、スコットランド人やウェールズ人をイングリッシュ(イングランド人)と呼ぶのはタブーです。


真のロンドンを体験せずに、イギリス旅行は語れません。このイギリスの首都は誰もが必ず訪れる人気の寄港地です。 

活気溢れるビーチリゾートのブライトン、そしてイギリスで最も美しい中世の街並みが残るカンタベリーなど、それぞれの街が個性豊かな表情を見せてくれます。 


イングランドの南西部の見どころは、荒涼とした岩だらけのムーアランド(荒野)が広がるデヴォン州、岩だらけの海岸線が続くコーンウォール、歴史の薫り漂う温泉の街バース。イングランド中部では、大学の街、オックスフォードやケンブリッジが主な人気観光地です。 

北上すると、かつての工業都市マンチェスターやリバプールニューキャッスルがあります。これらの都市は、現在では、街の活性化が進み活気を取り戻しています。ヨークは美しい中世の街並みが残る歴史の宝庫。大自然を満喫するなら、イングランド北西部に広がるイギリス屈指の景勝地、湖水地方を訪れましょう。 


スコットランドの魅力は、渓谷や山頂、湖が織りなす自然美と西海岸に浮かぶ島々の雄大な風景グラスゴーエディンバライギリスで最も魅力的な街として知られています)から気軽にお出かけいただけます。 そして最後に、イギリスの旅のフィナーレを飾るのは、北アイルランド。首府ベルファストと壮大なジャイアンツ・コーズウェーを訪れます。