ポートルイス

モーリシャスの首都
イル・オ・セルフの素敵なビーチ
パンプムス植物園

南アフリカクルーズ一覧はこちら

ポートルイス

エレガントな宮殿と印象的なウォーターフロント

MSCクルーズで行くモーリシャスのバケーションは、ポート・ルイスの街から始まります。 ここはマダガスカル沖合の島国の首都であり、レユニオン島と並んで南アフリカへと向かうMSCクルーズ必見の寄港地です。

 この国最初の街ポート・ルイスは、新しい通り、建物、美しい遊歩道など時間をかけて整え拡大してきました。 クルーズ客船が錨を下ろした後、古い大砲やたくさんの店が並ぶコダンウォーターフロントを散策してみましょう。  

ポート・ルイスが植民地であった痕跡は、島の元総督、ベルトラン・フランソワ・マヘ・ラ・ブルドネ伯爵の銅像が、ヤシの木に囲まれ行き交う人々を眺めているプラス・ダルム広場で見ることができます。 そのすぐ近くには、総督邸が建っています。 1738年以来、馬蹄のような形のこの建物は、鉄製の壁と厳粛な顔のビクトリア女王の彫像に守られて建っています。 同じ地区には、中央市場や、都市公園ジャルダン・デ・ラ・コンパニーもあります。 また、かつてブルドネ伯爵が所有していたこの地には、さらに壮大な庭園、パンプムス植物園があります。 この庭園を訪れるには、MSCの寄港地観光がおすすめです。  

この庭園は約300年前に作られました。 数世紀に渡って、専門の庭師が愛情を込めて手入れを続け、アジア、アフリカ、オセアニアの3つの大陸からの植物を徐々に増やしてきました。 植物より海が好きという方も、MSCの寄港地観光で、モーリシャス島の反対側にあるイル・オ・セルフ(狩猟のために鹿がここに輸入されていたことに由来する名前です)を訪れ、美しいビーチで1日を過ごすことができます。   

Must see places in Port Louis

Discover our excursions

条件に合う情報が見つかりませんでした。

    申し訳ございません。選択された寄港地の観光ツアー情報が見つかりませんでした。

モーリシャス

文化のるつぼ
文化のるつぼ

インド洋上、マダガスカルを超えてほぼ900kmに位置するモーリシャスは、あまり東に位置するので南アフリカのほとんどの地図で省略されてしまいます。

時には、アフリカの国として数えられないことすらあります。きっとその雰囲気、建築物、外見がアフリカ本土と大きく異なっているからでしょう。 誇り高い多文化の住民は、フランス、イギリス、インドからの入植者、そしてもちろんアフリカ人の子孫で、一部がヨーロッパ、一部がアジア、そして一部が国際的という感じを受けます。 モーリシャスのバケーションでは、トゥッティ・フルッティのようにカラフルなタミル寺院を目にします。クイーンズランドやカリブ海など熱帯のリゾートに共通する近代的な建物の横に、当たり前のように並んでいます。 モーリシャスクルーズの魅力は、なんといっても豪華なビーチやゴルフリゾートでしょう。 手入れの行き届いた砂浜やピカピカのゴルフクラブ、花びらが散りばめられたジャグジー、そして、白鳥の形に折られたタオルがお好きな方にとって、ここはまさに最適な場所です。 アフリカの基準からすると、モーリシャスは、静かで平和、そして豊かな国で、その財源は、海外の活況あるビジネスシーンへの投資と、豪華な住宅プロジェクトから得ています。 十分に整備された道路がモーリシャスの旅をさらに快適にしてくれます。大部分の土地は農業、林業、そして狩猟用に開発されていますが、美しい自然もまだ残っており、あまり使われていないながらもハイキングトレイルもあります。