リューデリッツ

アールヌーボー建築 
ペンギン島 
不気味なコールマンスコップ

南アフリカクルーズ一覧はこちら

リューデリッツ

20世紀初頭のカラフルな家

MSCクルーズでアフリカ南部に向かう途中に訪れる、ナミビアの海岸沿いの街リューデリッツには驚かされることでしょう。 この街は、まるで誰かが20 世紀初頭の典型的なドイツの街をアフリカにそのまま持ってきたかのように見えます。

 
明るく、繊細に彩られた家の背景にある荒涼としたハンス山の景色と、街の通りの大量の砂を見ると奇妙な気持ちになります。 クルーズ客船を降り現地ツアーをスタートするのは、建築家オットー・エルトルが1910年に設計した堂々とした姿の高級住宅ゲルケハウスの近くに建つルター派の信仰の場、小さなフェルゼン教会(1912年)です。 今日では、鉱山会社の所有となっています。

ナミビアのダイアモンドに惹かれてこの地にやって来たドイツ人入植者は、鉄道の駅(現在は閉鎖)、時計台のある郵便局、そしてKrabbenhoft und Lampeのような商用の建物を作りました。 リューデリッツ滞在中は、水が冷たい大西洋や小さな港に停泊している漁船を海辺で眺めたり、内陸へと向かう寄港地観光をお楽しみいただけます。 リューデリッツからわずか10キロの場所に、ゴーストタウン、コールマンスコップがあります。

リューデリッツが奇妙な街に見えたなら、砂漠に埋もれつつあるこの街にはもっと驚かされるはずです。 住人のいないこの街の名前の看板にはじまり、すべてが非現実的です。 劇的な写真や、黙示録的な映画の撮影には理想的な場所です。 50年以上前に廃墟となる前、ナミビアのダイヤモンドラッシュで活況を呈していた頃には、リューデリッツよりも大きな街でした。 今では、砂漠に埋もれようとしているコールマンスコップの家々は観光名所となり、MSCクルーズの忘れられない思い出のひとつとなっています。 

Must see places in Luderitz

Discover our excursions

    ナミビア

    爽快な自然
    爽快な自然

    ナミビアをバケーションで訪れる人は皆、感動と共に時を過ごします。美しく、人口の少ないこの国は、常に世界中のアドベンチャーの目的地のトップに選出される常連国の一つとしてカリスマ性を持っています。

    ナビビアクルーズの魅力は、壮大なドラマのような砂漠の景観や、アンズ色をした砂漠を走り回るピカソが思いついたかのようなアンテロープの一種オリックス、揺らめく霞のなかを駆け抜けるダチョウ、緑豊かな渓谷に沿ってゆっくりと移動するゾウなどを目の当たりにできることです。

     

    夕暮れ時を過ぎると、ナミビアの巨大な空は眩いばかりの星のドームへと変貌します。 素晴らしいことに、この壮麗な美しさの中へと足を踏み入れることができます。道のないサハラ砂漠に足を踏み出すことには不安を感じるかもしれませんが、ナミビアの大砂漠には立派な砂利道が走っています。

     

    鉱物が産出するためにアフリカで豊かな国の一つであるナミビアは、土地改革の問題に悩まされつつも、往々にして平和な、安定した、民族同士が互いに尊重している国です。 また、ナミビアは、コミュニティーを基盤とした自然保護のリーダでもあります。ナミビアの地方部には自然保護団体がいくつも存在し、自然保護区の住人は観光から利益を得る権利を許されているため、観光を持続させるために環境や植物、動物保護を積極的におこなっています。