ウォルビスベイ

ナミビア随一の美しい湾 
フラミンゴ、ペリカン、オイスター
骸骨海岸沿いにセーリング

南アフリカクルーズ一覧はこちら

ウォルビスベイ

料理と天然のラグーン

MSC南アフリカクルーズでは、さまざまな海洋生物とナミビアで最も美しい自然を楽しむことができるウォルビスベイを訪れます。 また、美味しい料理も忘れるわけにはいきません。


港を離れる前に、この数年でオープンした何軒ものレストランの一つで地元産のウォルビスベイ・オイスターを味わってください。 最近では、この辺りの海でウォルビスベイ(旧名ホエールベイ)の名前の由来となったクジラを目撃することは難しくなりましたが、天然のラグーンには今でもフラミンゴやペリカンなど数多くの海鳥が生息し、毎年多くの渡り鳥がやってきます。 自然の美しさが溢れるこの土地では、船から降りて楽しみたいことが沢山あります。 ウォルビスベイから海岸道路を北に進んだところに位置する大西洋の港町スワコプムントは、MSC南アフリカ寄港地観光で訪れておきましょう。

ゲルマン様式の古い建築物や、広く話されるドイツ語、レストランでもブラートヴルストが味わえるなど、ナミビアの植民地時代を思い起こさせるものはたくさんあります。 毎年開催されるオクトーバーフェストでは、地元で醸造されたラガービールと、レーダーホーゼンを身につけたバイエルスタイルのバンド演奏が楽しめます。 スワコプムントには、サファリやバックパッカーが集まり、地元で作られた美しいジュエリーや工芸品、骨董品などのお土産を売っている素敵なお店がいくつもあります。

エクストリームスポーツのメッカでもあるナミビアでは、4輪バギーや、デューンバギーでのレース、サンドボーディングなどを楽しめます。 スワコプムントとウォルビスベイは、骸骨海岸の最南端に位置し、砂と砂利の平野を横切る自然の遊歩道では、 ウェルウィッチア (地面に疲れたかのようにうなだれた、この地域特有の幹のない木で、寿命が2,500年以上あると言われています)、リトープス、そして繊細な地衣類など、長い時間をかけて砂漠に適応した植物を観察することができます。

Must see places in Walvis Bay

Discover our excursions

条件に合う情報が見つかりませんでした。

    申し訳ございません。選択された寄港地の観光ツアー情報が見つかりませんでした。

ナミビア

爽快な自然
爽快な自然

ナミビアをバケーションで訪れる人は皆、感動と共に時を過ごします。美しく、人口の少ないこの国は、常に世界中のアドベンチャーの目的地のトップに選出される常連国の一つとしてカリスマ性を持っています。

ナビビアクルーズの魅力は、壮大なドラマのような砂漠の景観や、アンズ色をした砂漠を走り回るピカソが思いついたかのようなアンテロープの一種オリックス、揺らめく霞のなかを駆け抜けるダチョウ、緑豊かな渓谷に沿ってゆっくりと移動するゾウなどを目の当たりにできることです。

 

夕暮れ時を過ぎると、ナミビアの巨大な空は眩いばかりの星のドームへと変貌します。 素晴らしいことに、この壮麗な美しさの中へと足を踏み入れることができます。道のないサハラ砂漠に足を踏み出すことには不安を感じるかもしれませんが、ナミビアの大砂漠には立派な砂利道が走っています。

 

鉱物が産出するためにアフリカで豊かな国の一つであるナミビアは、土地改革の問題に悩まされつつも、往々にして平和な、安定した、民族同士が互いに尊重している国です。 また、ナミビアは、コミュニティーを基盤とした自然保護のリーダでもあります。ナミビアの地方部には自然保護団体がいくつも存在し、自然保護区の住人は観光から利益を得る権利を許されているため、観光を持続させるために環境や植物、動物保護を積極的におこなっています。