ケープタウン

テーブルマウンテンの麓 

多彩な建築様式

南アフリカで最も快適な街

 

南アフリカクルーズ一覧はこちら

ケープタウン

表情豊かな自然

MSCクルーズがケープタウンに到着すると、その風光明媚な風景に占めるテーブルマウンテンの圧倒的な存在感に目を奪われます。

この山は、公共の庭園、荒野、森林、ハイキングコース、ブドウ畑と、山裾の高級住宅街とを区切っています。 山頂から北の方角を眺めると、街の中心部と、マッチ箱のように船が並ぶドックの素晴らしい景色が見えます。

南アフリカでバケーションを過ごし、ケープタウンを楽しむには、そこに住む人々のようにハイキングやピクニック、日光浴、車よりもマウンテンバイクを選び、いろいろなアドベンチャーに挑戦してみることです。 ケープタウンの街の大きな特徴のひとつは、さまざまな様式の建築物です。北欧にそのルーツをもつケープタウン特有のケープダッチ様式は17世紀のフランスからの難民の影響を受けたもので、コンスタンシアのワイン農園に多く見られます。また、イスラム教徒の反体制派や19世紀に解放された奴隷たちが街にイスラム建築を建て、占領後に奴隷を解放したイギリス人がジョージア朝やビクトリア朝の建物をもちこみました。 ストランド通りは、ケープタウンの元々の海岸線と、都市開発で北へと広がった埋め立て地との境界線にあたります。

その南側のアッパーシティーセンターには、近代化に伴う破壊や、アパルトヘイトに関わる都市整理などを乗り越えた、この街の350年におよぶ歴史的遺産が残され、現在では南アフリカで最も心地よく過ごせる街の中心地として魅力ある地域となっています。 ストランド通りから山の南側の麓までの地域には、ジョージア朝、ケープダッチ様式、ビクトリア朝、そして20世紀の建築物を見ることができるだけではなく、ヨーロッパ、アジア、そしてアフリカの文化が市場、路地、モスクで交わっています。 議事堂、カンパニーガーデン、たくさんある美術館も見逃すことはできません。 

Must see places in Cape Town

Discover our excursions

    Reach the port

    Port of Cape Town

    This section contains information on how to reach the port.

    Cruise Terminal:

    V&A Waterfront Estern Mole

    Reach the port by

    • Car

      Driving Directions to E-Berth, Duncan Dock, Cape Town Port from the Waterfront:
      when you enter the V&A, the Caltex Station is on your right hand side.
      Stay on the right, then turn right at the traffic circle / roundabout and proceed to the security boom opposite the SAPS Harbour Police. 
      E-Berth is directly behind the SAPS building on the left hand side.
      Car

    南アフリカ

    野生動物に出会うクルーズ
    野生動物に出会うクルーズ

    アフリカ大陸の切り札 この国ほどエネルギッシュで自信と多様性に満ちた国はありません。



    この国にあるアフリカ大陸最高の観光地は、他国からもアクセスしやすい効率的で便利な交通インフラが整備されている場合がほとんどです。

     

    南アフリカクルーズは、ビッグファイブ野生動物ウォッチング、美しいビーチでのバケーション、そして、この地の歴史と伝統を感じるためにアフリカを訪れようとしている方に最適なものです。 しかし、この国で体験できるのは、これだけではありません。 クルーズ中には、この国の素晴らしいハイキングトレイルを歩き、ケープダッチ様式のブドウ園でピノタージュに舌鼓を打ち、流行のナイトクラブを訪ね歩き、ホオジロザメ、セミクジラ、そしてアフリカペンギンなどの珍しい生き物に出会いに行くなど、思い出に残る毎日をお過ごしいただけます。 この国の文化は、まだまだ複雑です。 アパルトヘイトは歴史になったが過去のものになったわけではない、という皮肉な言葉で表現されることも少なくありません。

     

    現在の「虹の国」の人種差別と格差の現実に触れるために農村地域を訪れたり、現地ガイドと共に非白人居住地区での1日を過ごすこともできます。