フォルタレザ

素敵な工芸品と美しいビーチ
素晴らしいビーチフロント、アベニーダ・ベイラ・マール
メルカードセントラル

南米クルーズ一覧はこちら

フォルタレザ

快適な気候、手作りの品をショッピング

MSC南米クルーズの寄港地観光では、ブラジル、セアラー州の決して活気に満ちているとは言えない州都フォルタレザを訪れます。 人口250万人の広大な都市でありながら、北東のライバルの街レシフェに比べると、妙に垢抜けません。
街自体に見るべきところはそれほどありませんが、北に向かう途中で立ち寄る場所があるとすれば、ビーチ、バー、そしてショッピングです。たくさんの手工芸品 、特にレースと皮革製品が有名です。またフォルタレザはブラジル最大のハンモック製造、販売を行っている街です 街では、これから数年のうちにもっと多くの観光客を呼び寄せようと、新しいプロジェクトを数多く始めました。これには新しいクルーズ船のターミナル、ビーチフロント、アベニーダ・ベイラ・マールの美化、巨大な水族館、あるいは世界で3番目に大きなAcquário、2014年に完了したシックなショッピング・ストリート、ルア・モンシニョール・タボサの再開発などです。

フォルタレザは、大西洋から常に海風が吹き込むおかげで一年を通して過ごしやすく、ビーチのある地区がさらに魅力的なものになっています。 1866年に完成し、1970年代まで使用されていた街の旧刑務所にあるセントロ・デ・ツーリスモは、観光案内所ではなく、芸術や工芸品を売る屋台の並ぶショッピングモールで、現地で作られたレースや美味しいカシューナッツから手作りの人形、玩具、そしてお土産品などが売られています。

品質が良く手頃な価格の商品を見た後は、メインの建物を囲むかつての運動場のマンゴーの木陰で涼みながら売店で買った搾りたてのジュースを飲んでみましょう。 MSC南米クルーズでは、フォルタレザの近代的なメルカード・セントラルへの寄港地観光もお楽しみいただけます。 巨大な建物の中には数百もの小さなお店があり、そのほとんどがこの街を有名にしている手工芸品を売るお店です。

Must see places in Fortaleza

Discover our excursions

    North Brazil

    自然保護区と植民地の街
    自然保護区と植民地の街

    ブラジル北東部 は、経済ブームの恩恵を受けて人気急上昇中の地域です。



    南米で最も印象的な海岸線を持つこの地域は8つの州にまたがり、賑やかなビーチシーンや、サンバ、レゲエ、アフリカ文化の影響を受けた活気に溢れた文化が、いまだ観光により損なわれることなく残っています。

     

    海岸線に沿って進むブラジル北東部クルーズは、今なお植民地時代の面影が深く残るレシフェ、オリンダ、サン・ルイス、フォルタレザの街や、この数十年で最も開発が進んだ街マセイオやナタールなど主だった街を訪れます。 街のそれぞれ個性的なビーチのほかにも、海辺のあちらこちらに、のどかで人影の少ないリゾートが隠れています。 数百キロの沖合にあるフェルナンド・デ・ノローニャ諸島は、世界で最も美しい海洋生物保護区のひとつです。高級リゾート地にもなっている島ですが、エコツーリズムには最適な場所です。

     

    長い間旅行者に知られることのなかったブラジル最小の州、アラゴアス州とセルジッペ州でも近年急速に開発が進みました。 リオやサルバドールのようなロマンチックな雰囲気とは異なり、マセイオ州とアラカジュ州の2つの州都には美しいビーチ と、歴史的な雰囲気が漂う昔ながらのコロニアル様式の街並み が、バスならすぐの場所にあります。